« 2022年4月 | メイン

阿久津 聡「健康経営ブランディングのすすめ」

健康経営というキラーワード

阿久津聡リモートワークが一区切りついたところで、「24時間戦えますか~」と鼻歌を歌っていたら、Z世代の息子が「何それ?ブラック企業のテーマソング?」と訊いて来た。
「バブル時代のサラリーマンはね、栄養ドリンクをキメながら徹夜仕事することが誇りだったのよ」と答える。

「マジか」Z世代の返事は総じて短い。

バブルは遠くなりにけり。思えば若者の会話も労働時間も、ずいぶんと短くなったものだ。
ノー残業デーだとかワークライフバランスだとかプレミアムフライデーだとか、さまざまな取り組みで後押ししてもなかなか進まなかった「働き方改革」も、新型コロナ感染拡大を奇貨としてリモートワークを中心に一気に進んだ。
 
「カメラに映る上半身はワイシャツだけど、下は短パンなんですよ」などと語る男性も多い。時間や場所だけでなく、着る物に代表される勤務スタイルの制約からも解放されるニューノーマル時代の到来だ。

そんな自由な働き方がすっかり当たり前のものとなった2022年夏、健康経営(R)ブランディングをテーマとした夕学五十講を聴講した。

ピカピカの経歴の教授の登壇

講師は一橋大学大学院経営管理研究科教授で日本マーケティング学会副会長の阿久津 聡先生だ。
事前に経歴を調べて驚いた。「駒場東邦中学校・高等学校を経て一橋大学商学部卒業。中学、高校、大学でそれぞれ留学。一橋大学大学院商学研究科修士課程修了(商学修士)。一橋大では竹内弘高に師事し産業組織論、戦略論などを学んだ。その後フルブライト奨学生としてカリフォルニア大学バークレー校ハース・ビジネススクールに留学し、ゲーム理論や心理学の勉強も始め、MS(経営工学修士)取得後、行動経済学の論文によりPh.D.(経営学博士)を取得。指導教官はデイヴィット・アーカー。カリフォルニア大学バークレー校経営研究所研究員として、一橋大時代から指導を受けていた野中郁次郎一橋大教授とナレッジマネジメント研究にあたる。その後一橋大学商学部専任講師などを経て現職(Wikipediaより引用)」

「マジか」私も思わず呟く。

続きを読む "阿久津 聡「健康経営ブランディングのすすめ」"

藤原 辰史「生産から分解へ~土壇場の地球思想を求めて~」

分解の哲学 生産から分解へ

藤原辰史「消費者」たる我々は、日々ツルピカで新しくてきれいな「商品」を購入しては、やれ古くなった、壊れた、汚れたと言っていとも簡単に「ゴミ」として捨て去る。これでは畢竟、買っては捨てる→捨てては買うを繰り返すため、つまり消費するためだけに身を粉にして働き、死んでいく人生ではないのか。日本人は生まれ落ちた瞬間から消費者の顔つきをしているといわれるのは、この謂なのであろうか。

現代では食べる行為も極めて「受動的」である。パッケージされた疵のない野菜や麗しく切りそろえられた肉をスーパーで贖い、調理して食べ、水洗トイレで排泄してジ・エンド。時折は食材を冷蔵庫で放置して腐らせ、プラスチックの包装を一度も開封することなくゴミ箱へシュート。燃えるゴミの日に収集カゴへ押し込めば、なけなしの後ろめたさも消えうせる。

しかし、日本の年間食品ロス量(612万トン)が世界の食料援助量(約390万トン)を上回っていること、また国内の食料廃棄物と生産される農作物の量が同じ、という衝撃の事実を藤原辰史氏に告げられると、さすがに絶句するしかない。「この事実をノイズとして無視しようとする人がいるが、どうみても単なる失敗です」。長らく食と農の歴史を見つめてきた氏は悔しそうに語った。

続きを読む "藤原 辰史「生産から分解へ~土壇場の地球思想を求めて~」"

志村 祥瑚「マジックと精神医学を融合した<脳の固定観念の外し方>」

あの子はクイーン、私もクイーン

志村 祥瑚
今回の講師の志村祥瑚先生は、企業経営者やスポーツ選手のメンタルサポートをされている精神科のお医者様である。と同時に、ラスベガスの世界大会で優勝した経験を持つマジシャンでもある。
プロフィールを見て、全く違う分野の二足の草鞋を履いているのかと思いきや、二つの仕事を融合させてお仕事をされている。マジックを使いながら、私たちの「固定観念の解放」に取り組んでおられるのだ。

続きを読む "志村 祥瑚「マジックと精神医学を融合した<脳の固定観念の外し方>」"