« 2021年8月 | メイン

第12回 2022/1/212(水)名和 高司先生

photo_instructor_1102.jpg1/12 (水)、一橋大学ビジネススクール 客員教授 名和高司先生のご登壇です。

名和先生は、2010年までの約20年間、マッキンゼー・アンド・カンパニー社にてコンサルティングに従事、複数部門にて日本支社ヘッドを歴任されたのち、2010年より、一橋大学大学院国際企業戦略研究科 教授に就任、現在に至ります。この8年間は毎年、日本の有数企業の幹部を集めたCSVフォーラムを主宰、まさに日本の次世代経営を一緒に描こうと取り組まれています。

常に世界を、多様な業界の最先端を見つめ、さらに次の時代を見据えてこられた名和先生。『夕学五十講』でも2003年のインターネット社会とブロードバンド、2016年CSV経営などその最新テーマにてご講演いただいてきました。

そして今回、「新SDGs」とそのエンジン「パーパス(志本)経営」。

パーパスという言葉はここ数年、注目を高めてきましたが、思い、パッション、志といったヒューマンな色合い強くもありました。次世代経営戦略や企業経営革新がご専門の名和先生が説く「パーパス経営」。注目です。期待です。(湯川)

・名和 高司(なわ たかし)先生
・一橋大学ビジネススクール 客員教授
・演題:「パーパス(志本)経営」
講師プロフィールはこちらです

第11回 12/22(水)秋元 千明さん

★photo_instructor_1094.jpg12/22(水)は英国王立防衛安全保障研究所(RUSI) 日本特別代表 秋元千明さんのご登壇です。

今年9月初め、英国の新型空母「クイーン・エリザベス」は、太平洋地域で初めて日米などと合同演習「パシフィック・クラウン21」を行いました。

巨大な艦隊が、英国母港ポーツマスより2万キロ以上の航海を経て日本に来航し、横須賀の米軍基地の桟橋に接岸している姿は壮観。ニュースなどでご覧になった方も多いことでしょう。

日本への航海そのものが壮大な実験とも言われており、英国国家安全保障戦略が示す「日本は戦略的なパートナー」からもわかる通り、日本に何らかの期待をしての来航、さらには合同演習であることを読み取ることができます。

秋元さんは、NHKに入局後30年以上にわたり、軍事・安全保障専門の国際記者、解説委員を務めた現場からの叩き上げのキャリアをお持ちです。東西軍備管理問題、湾岸戦争、ユーゴスラビア紛争、北朝鮮核問題、同時多発テロ、イラク戦争など、この30年の間に起こった戦争、紛争の豊富な取材経験をもち、その情報収集力も並大抵ではありません。

現在は、180年以上の歴史を持つ英国王立防衛安全保障研究所(RUSI)のアジア拠点としてRUSI Japanを東京に開設し、日本特別代表を務めていらっしゃいます。

クイーン・エリザベスの来航も物語る通り、いま、日英関係は歴史上新たなフェーズへと入り、日英同盟構築への準備もすでに始まっているとも言われます。

それは、戦後長期間にわたり続いてきた米国のくびきから解放され、日本が戦略的自立へと進む道筋とも捉えることができるのです。

日英の安全保障コミュニティーに幅広い人脈を持つ安全保障の専門家である秋元さんより、歴史的な同盟復活への動きと今後の課題、展望について解説いただきます。(保谷)

・秋元千明(あきもと ちあき)さん
・英国王立防衛安全保障研究所(RUSI) 日本特別代表
・演題:「復活する日英同盟 ~インド太平洋時代の幕開け~」

講師プロフィールはこちらです

第10回 12/16(木)村上 裕太郎先生

photo_instructor_1089.jpg 12/16(木)は慶應義塾大学大学院経営管理研究科 ビジネススクール 准教授、村上 裕太郎先生のご登壇です。

コロナ禍の影響、それにより起きているさまざまな変化。K字経済といわれる二極化が進み、まさに将来が予測困難なVUCAの時代のなかにいることを感じます。

時代や業界、日本をリードしてきた企業。
私たちの日々の生活、身近なお店や商品サービス。
自身が勤める企業やかかわる業界。
すべてにおいて。そして読み解くカギが数字にあります。

しかし誰もがニュースや新聞で見聞きし身近ながらも、難しい、複雑、苦手といったイメージや気持ちもつきまといがちなのが数字、会計、企業価値やビジネスモデルといった言葉。

ご紹介しようとして先生のプロフィールとリアルな先生も似ている、と思いました。
会計学者やビジネススクール准教授という肩書とプロフィール写真の笑顔が並んでこそ、村上先生の専門性、個性、魅力が伝わってくるなと感じます。

村上先生にはメインキャンパスのプログラムや企業内研修にもご登壇いただいており私もたびたびお世話になっています。いきいきとした講義に、すぐに引き込まれ、苦手意識や緊張していた頭はすっかりほぐれ、あれこれ自分でも考えをめぐらせている、"面白い"と思っている自分、に気づきます。

ビジネスや経済も同じ。言葉や解説からではなく、自分の実感や生活、考えと結びつけながら自分で読みほぐしてこそ、よくわかり、面白くもあります。
難しく複雑なのは数字や分析のしかたではなくその先にある未来、そして難しいからこそチャレンジのしがいもあります。皆さんでご一緒に、村上先生のガイドのもと読み解いていけたらと思います。皆さん、ご一緒しましょう(湯川)

・村上 裕太郎(むらかみ ゆうたろう)
・慶應義塾大学大学院経営管理研究科 准教授
・演題:「会計情報からビジネスモデルを読み解く」
講師プロフィールはこちらです

第9回 12/14(火)伊藤 亜紗先生

photo_instructor_1099.jpg12/14(火)は美学者、東京工業大学科学技術創成研究院 未来の人類研究センター長 伊藤亜紗先生のご登壇です。

伊藤先生のプロフィールはとってもユニーク。子供の頃から、本を読むよりも図鑑を眺めるのが大好きで生物学者をめざしていましたが、大学3年次より文転。美学芸術学専門分野博士まで進み、専門は美学、現代アートでいらっしゃいます。

「美学」とは私たちの日常ではあまり耳にすることのない分野ですが、何を追求する学問なのでしょうか。

美しさの価値観は時代によっても変化していくなかで、美学は必ずしも「美しい」ものだけを考える学問ではなく、芸術や感性的な認識について哲学的に探求する、「言葉にしにくいものを言葉で解明していく学問」と先生はおっしゃっています。

今回のテーマは「利他」について。
2020年2月に誕生した東京工業大学「未来の人類研究センター」の当初5年間のテーマにも掲げられています。

私たちは、自分の行為が相手にとって良い効果を持つ、と思い行動してしまうことが多々あります。相手はそれに合わせて演技をしてしまう、つまり相手をコントロールしているのではないか、それは利他とは言えないと先生は考えます。

私たちの生活のなかで「利他」が生まれるのはどういうときなのでしょうか。
介助やスポーツといった日常のなかにある、人と人の接触、コミュニケーションを通して、身体論から考える利他というものを解説いただきます。

「利他」とはまさに言い表しがたいもの。言葉にしにくいものをどのように解明されるのか、美学者 伊藤先生とともに探求できること楽しみです。(保谷)

・伊藤 亜紗(いとう あさ)
・美学者 東京工業大学科学技術創成研究院 未来の人類研究センター長
・演題:「身体論から考える利他」
講師プロフィールはこちらです

第8回 12/2(木)金井隆典先生

★photo_instructor_1100.jpg12/2(木)は、慶應義塾大学医学部内科学(消化器) 教授 コロナ制圧タスクフォース 研究統括責任者 金井隆典先生にご登壇いただきます。

全世界が"コロナ制圧に向けた戦い"を続けているいま、新型コロナウイルス感染において、欧米と比較しても顕著に死亡率の低い日本は国際的にも注目されていると言われます。

コロナ制圧タスクフォース』は、新型コロナウイルスから社会を守るため、様々な研究分野から日本を代表する科学者が横断的に結集した時限的な緊急プロジェクトです。

慶應義塾大学医学部では、消火器内科としてこのプロジェクトに参加し、消化器病学、免疫学をご専門とする金井先生はタスクフォースの研究統括責任者を担っていらっしゃいます。

同じウイルスであっても、国や地域によって感染率、重症化率、死亡率が異なり、その理由として、人種差(遺伝下多型)の関与の可能性があると考えられています。

民族的に均一な日本人は低ノイズ高感度のゲノム解析が可能であり、日本人のゲノム解析を通して、「新型コロナ感染症の重症化メカニズムを世界に向けて発信する」ことを国際貢献に掲げている当プロジェクト。

新型コロナウイルス感染症の病態メカニズムの解明にむけ、さらには、次の新興ウイルスへの脅威にも迅速に対応するためのシステム構築、およびワクチン開発も視野に入れ、金井先生はじめ挑戦されています。

コロナ制圧タスクフォースが立ち向かっている一丸の取り組みとともに、最新の状況をお話しいただきます。(保谷)

・金井隆典(かない たかのり)
・慶應義塾大学医学部内科学(消化器) 教授 
コロナ制圧タスクフォース 研究統括責任者
・演題:「コロナ制圧タスクフォース最新報告」

講師プロフィールはこちらです

第7回 11/30(火)矢野和男さん

★photo_instructor_1092.jpg11/30(火)のご登壇は、株式会社日立製作所 フェロー、株式会社ハピネスプラネット代表取締役CEO 矢野和男さんです。

"幸せ"とはなんでしょう。

"何をもって幸せか"は人によって違い、文化や時代、国によっても異なるため、数値化ができないのではないかという意見はあるでしょう。幸せを定義することはできないけれども、幸せを感じた時の体の反応は共通しており、なかでも筋肉の動きは体の外からでも認識することができるそうです。

日立製作所では、スマートフォンやウェアラブル端末に搭載した加速度センサーで、体の動きを計れることに着目し、矢野さんを中心に2006年から14年以上にもわたり、最初の実験台としてご自身の幸福度を計測してきました。

過去20年間における学術・技術研究の成果からも、幸せな人・組織は生産性や創造性が高く、幸せの要因は特定することができ、トレーニングや施策によって高めることも可能であると示されています。

いま、私たちは予測不能の時代に生きています。昨年からのコロナ禍はそれらを強く思い知らされたと言っても過言ではありません。

容易ではない予測不能な変化に立ち向かうためには、前向きな精神的エネルギーが必要であり、それに見合う、やりがい、成長、生産性や創造性を欠かすことができません。

心の豊かさが求められる時代、「企業経営に ハピネス・マネジメント」を掲げ取り組んでいるハピネスプラネットの取り組み、矢野さんの活動より、ウエルビーイング経営の本質について、1000万日を越えるデータより見えてきたことは何か、紐解いて頂きます。(保谷)

・矢野和男(やの かずお)
・株式会社日立製作所 フェロー 株式会社ハピネスプラネット代表取締役CEO
・演題:「ウエルビーイング経営の本質 ~データが明かす新たな人・組織・社会と幸せ~」

講師プロフィールはこちらです

第6回 11/26(金)小林 武彦先生

kobayashii.jpg11/26(金)は東京大学定量生命科学研究所 教授 小林 武彦先生のご登壇です。

小林先生のご専門はゲノムの再生メカニズムと、その不調が引き起こす細胞老化、がん化機構。そしてそれが演題の「生物はなぜ死ぬのか」につながります。

この春の新刊、同タイトルの新書『生物はなぜ死ぬのか』(講談社現代新書)も話題となりました。

生まれてきたら死ぬことは必然。
すべての生き物は「死ぬため」に生まれてくる。
そう小林先生はきっぱりとおっしゃいます。そのメカニズムを知る、その理由を考える。それによって少しでも人生を楽しく有意義に送れれば、というのが先生のメッセージであり、今回ご登壇くださる思いであることでしょう。

あるインタビューを拝読しました。
老化の研究を始めたきっかけは「ご自身の老化」であったそうです。おお、私たちと同じなんだ、そう思い、ぐっとお親しみを感じました。
老化は「ポジティブな現象」とおっしゃっていました。この肯定的で明るい姿勢が根底にあるからこそできる研究なのかもしれません。小林先生ご自身にも興味がわき、お話を伺ってみたい、お会いしてみたい、と思いました。
人はなぜ死ぬのか。なぜ私たちは死ななければならないのか。小林先生と、皆さんもいちどご一緒に考えませんか。(湯川)

・小林 武彦(こばやし たけひこ)先生
・東京大学定量生命科学研究所 教授
・演題:「生物はなぜ死ぬのか」
講師プロフィールはこちら

第5回 11/18(木)太刀川英輔さん

tachikawa.jpg11/18(木)はNOSIGNER代表 太刀川英輔さんです。

太刀川英輔さんは、創造性の仕組みを生物の進化から学ぶ「進化思考」を提唱し、それにもとづいて幅広くご活躍です。

同タイトルの著書『進化思考』がつい先日9/7に、第30回「山本七平賞」の受賞が決定しました。おめでとうございます。そして
このことからも「進化思考」の注目、期待、反響がわかります。

太刀川さんは慶應義塾大学理工学部のご出身。建築家 隈研吾先生の研究室で、地域再生と建築とプロダクトデザインの研究に携わり、在学中に、NOSIGNERを創業されました。このスタートも象徴的です。
さまざまなことが複雑に絡み合い、特定領域の知見では解決できない問題や、従来の枠組みではとらえきれない問題、未来を含めて考えなければ見えてこない問題、そんな問題にあふれています。それに向き合うときに必要なのは、理念やコンセプトと、具現化していく力、「進化思考」といえましょう。
そして「進化思考」をデザインで美しい未来をつくること(実践:社会設計)、自然から学ぶ創造性教育で変革者を育てること(理念:進化思考)を軸とすると太刀川さんは定義づけられています。

こうして捉えると私たちビジネスパーソンにとっても、必要かつ重要であることがわかります。"ビジネスにも役立つ本質的な知恵が詰まっている"、と太刀川さん。皆さんで「進化思考」とそれにもとづく知恵をじっくり伺い、学びたいと思います。(湯川)

・太刀川 英輔(たちかわ えいすけ)さん
NOSIGNER代表
・演題:「変化を生き残る進化思考」
講師プロフィールはこちら

第4回 11/2(火)真山仁さん

mayama.jpg11/2(火)は小説家 真山仁さんをお迎えします。

真山仁さんといえば。まず『ハゲタカ』を思い浮かべる方が多いことでしょう。企業買収の壮絶な舞台裏を描いた本作はドラマ・映画化され、さらにシリーズとなって続々ヒット。時代とその社会、経済、日本を読み解く象徴的存在でもあります。

実は、この代表作がデビュー作でもあったというので驚きですが、新聞記者、フリーライターを経てのことと知り納得です。さらに、『プリンス』『それでも陽は昇る』『タイムズ』etc 話題作を生み続け、メディアで意見を発言・発信をされていらっしゃいます。

国、経済、社会、しくみ、組織など共通するのはその本質に踏み込み、鋭く見つめる、その取材力と筆力。今回はそんな真山さんに、人は何のために働くのか、組織とは何か、私たちビジネスパーソン誰もが向き合い続けるこのテーマを問います。

この2年のコロナ禍で、テレワークや働くスタイルの多様化が加速しました。これまで当然のように組織に属し、オフィスに出社し、求められる役割を務めよう、責任を果たそうと働いてきた企業人の私たちは、それが当たり前ではないことに気づかされ、また向き合うことになりました。働く意味、人生の喜び、価値観に向き合い、あらたに考える期間ともなりました。そんな今だからこそ、社会や時代に深く鋭く切り込み見つめ続けてきた真山さんをお迎えしじっくり皆さんと考えてみたいと思います。(湯川)

・真山 仁(まやま じん)さん
・小説家
・演題:「組織の論理 vs 個人の良心」
講師プロフィールはこちら

第3回 10/28(木)藤原和博先生

photo_instructor_1098.jpg10/28(木)ご登壇いただくのは「朝礼だけの学校」校長 藤原和博先生です。

藤原先生の『夕学五十講』ご登壇は今回がなんと7回目。最多ご登壇の先生でいらっしゃいます。

2003年の最初のご登壇以来、先生はお立場、活動内容を変え、自らさまざまに改革・挑戦されている姿を示しながら、一貫して取り組んでいらっしゃるのは「教育改革」。

教育界に蔓延る「正解主義・前例主義・事勿れ主義」を排し一斉授業を超える新しい仕組みづくりに奔走されています。

いま、力を入れていらっしゃるのは、「朝礼だけの学校(あさがく)」。

藤原校長65歳のお誕生日2020年11月27日より始まった朝礼では、「なぜ学ぶのか」「信用とはなにか」、さらには「生と死について」・・・など、普遍的なテーマについて、朝のちょっとした時間ガッツリと一緒に考えることのできるひと時を動画配信されています。

今回は、これら藤原先生の直近の活動をふまえ、「AI時代の戦略的生き方」についてです。
AIロボット時代にあって、さらにはwithコロナにて、いま、私たちの生活、働き方は変化していると言われています。
コロナ以降の時代を見すえ、自分自身の変革と成長を促す思考法についてお話しいただきます。

縦横無尽に舞台を動きながら会場全体が一体化していく藤原先生のライブ授業。
お話し伺っているだけで希望が湧いてくる先生のお話し、今回も楽しみです。(保谷)


・藤原和博(ふじはら かずひろ)先生
・「朝礼だけの学校」校長
・演題:「AI時代の戦略的生き方のすすめ ~変革と成長を促す思考法~」

講師プロフィールはこちらです

第2回 10/19(火)青砥 瑞人さん

photo_instructor_1096.jpg10/19(火)は株式会社DAncing Einstein CEO 応用神経科学者 青砥 瑞人(あおと みずと)さんのご登壇です。

「未来の教育と学習をデザインする」をコンセプトに脳神経科学を教育や人材育成など"ヒトの成長を支援する分野"へ応用するDAncing Einstein(ダンシング・アインシュタイン)を青砥さんが創設したのは2014年。

神経科学を心理学や教育学などとつなげ、脳への知見とAI技術をかけ合わせ、創設したDAncing Einsteinは、教育現場や企業とのコラボレーションを担い、その対象は未就学児童から大手企業役員までと多様であるとともに、空間デザイン、アート、健康、スポーツ、文化づくり・・・と、神経科学の知見を応用し、垣根を越えた活動の広さには圧巻です。

青砥さんのプロフィールも型にはまりません。小中高と野球漬け、高校を中退後、フリーターを経て、脳の不思議さに誘引されアメリカ UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の神経科学学部を飛び級卒業。

今や、いくつもの特許を保有する「ニューロベース発明家」の顔も持っていらっしゃいますが、日本の医学部を受験するも合格とはならず、また、帰国後の活動も当初はなかなか理解してもらえず、苦心されたと仰います。

今回は、現代を生きる私たちであれば誰もが向き合っているストレスについて、脳的な視点より仕組みや役割について紐解くとともに、その効能を味方につけるヒントを最先端脳科学より教えていただきます。

青砥さんのお話しより「幸せになる脳力」をぜひとも育みましょう。(保谷)


・青砥 瑞人(あおと みずと)さん
株式会社DAncing Einstein CEO、応用神経科学者 
・演題:「最先端脳科学が教えるストレスを力に変える技術」
講師プロフィールはこちら

夕学五十講 2021後期の予約受付開始は 9月7日(火)10時です。

第1回 10/13(水)仲道郁代さん・岡田暁生先生

okada.jpgnakamichi.jpg
夕学五十講 2021後期、本日より各回を順にご紹介してまいります。第1回は10/13(水)、ピアニストの仲道郁代さんが、音楽学者で京都大学教授の岡田暁生先生をお迎えしての対談講演です。

仲道郁代さんは皆さんご存じのとおり、実力・人気ともにトップのピアニストのお一人でいらっしゃいます。2018年からはベートーヴェン没後200年とご自身の演奏活動40周年の重なる2027年に向けて、10年間におよぶコンサートシリーズを自ら企画、展開されていらっしゃいます。作品の解釈、表現・技術の探求ははもちろんのこと、作曲当時の楽器や、作曲家の思いや哲学的概念にまで踏み込んだ研究姿勢もたいへん評価されています。

その仲道さんの探求心と好奇心に今回お応えくださるのが岡田暁生先生です。
西洋音楽史、とりわけ19世紀から20世紀初頭のピアノ曲とオペラをご専門とされ京大で教鞭をとるとともに、音楽評論、ご著書、メディア等幅広くご活躍でいらっしゃいます。『音楽の危機 《第九》が歌えなくなった日』(中公新書)で先月、第20回小林秀雄賞を受賞されました。

この1年半、コロナ禍で、ホールでのリサイタルやこれまでのような演奏活動ができませんでした。仲道さんも例外なく、それもシリーズが順調にスタートしたばかりのところでした。音楽とははなにか、演奏家には何ができるのか、改めて向き合い、内省し、思いを募らせたことが言葉や演奏から伝わってきます。リサイタル再開のステージでこう語られました。

「自分は幸いピアニスト。大好きなピアノを弾いていれば幸せだと思った」しかしそれは「違った」。「ステージで演奏してこそ、聴いてくださる皆さんがあってこそ。」

音楽とはなにか。音楽にはなにができるのか。私たちは音楽やピアノに何を聴いているか。時代や社会、メディアとともに音楽はどう変わっていくのか。いまだからこそ、そして仲道さんと岡田先生の対談だからこそのテーマです。皆さんとご一緒にこの即興的対話と探索、探求を楽しみにしたいと思います。(湯川)

・岡田暁生先生
・京都大学人文科学研究所 教授
講師プロフィールはこちら
・仲道郁代さん 
ピアニスト
講師プロフィールはこちら
・演題:「これからの音楽とピアノについて考える」


夕学五十講2021年度後期 スケジュールをアップしました

21blogstart.jpg本日、夕学五十講 2021後期の開催スケジュールをアップしました。
予約受付開始は 9月7日(火)10時です。

全15講演を 夕学五十講 と 夕学オンライン にて開催します。今期も多彩な講師にご登壇いただきます。来週より順に各回をこのブログでご紹介してまいります。
丸ビルホール会場では感染症対策をとって皆さまをお待ちしています。オンライン視聴も選択肢がありますので、聴きたい講演、ご関心ある講演、どうぞ逃すことなくご予定・ご予約いただけたらと思います。

当日の丸ビルホールでのご受講は  → 夕学五十講
当日のライブ配信でのご受講は  → 夕学オンライン
後日のオンライン受講  → 見逃し配信サービス(夕学五十講/学オンライン)

2021年度後期今期も、皆さまとともにおおいに学び、考え、"時代の"潮流と深層"を読み解いていきたいと思います。皆さまのご予約・ご受講をお待ちしています。司会進行役は今期も 慶應MCC 保谷・湯川 が担当いたします。(湯川)