« 2021年6月 | メイン

ヒトを人間たらしめるもの 長谷川眞理子さん

長谷川眞理子.jpg

今回の夕学では「認知の進化と感情の進化」と題し、総合研究大学大学院学長の長谷川真理子先生が講演をされた。

長谷川先生は自然人類学がご専門。この自然人類学とは、「ヒト」という動物を生物学的に研究する学問のことである。また10年ほど前からはご自身の専門を超え、心理学、文化人類学、社会学、経済学の専門家らとともに、「ヒト」について多角的に研究する学際的な場をも創設してこられた方だ。

続きを読む "ヒトを人間たらしめるもの 長谷川眞理子さん"

斎藤 幸平「人新世の危機とSDGsというアヘン」

斎藤幸平.jpg

資本主義の次に来る、真に豊かな社会

自家用ジェットに乗りながら環境案件に投資するビル・ゲイツ。古着のリサイクルをするファストファッションブランド。SUVの電気自動車。大インチの省エネテレビ。大量にコレクションされるマイバッグ......。最近見かける「本末転倒」。だが千里の道も一歩からというじゃないか。できるところから始めなくてどうするアクション。

自家撞着に陥るのも無理はない。人間の自然界への侵食が遠因とされる疫病が世界中に蔓延し、四季なき日本には今年もまた痛ましい水害の頻発が予感され、先月末のカナダでは気温が連日50度近くにまで達した。ディストピアが常態化したせいで判断がおかしくなってしまったとて、誰が責められようか。思い余った我々は、藁をも掴む思いで政府や企業という売人が小分けに繰り出してくるSDGsという「アヘン」にすがり、一瞬の癒しを得る。しかしSDGsはこれまで通り欲望にまみれた生活を続けるための「免罪符」にすぎず、長い目で見ればほとんど誰も(人も地球も)救わない。斎藤幸平氏が「アヘン」「免罪符」などと敢えてキツい表現を使うのは、事ここに至ってはSDGsのような小手先の対処法では間に合わず、もっと大物の敵(資本主義)を知る必要を訴えようとしての深慮なのだった。

続きを読む "斎藤 幸平「人新世の危機とSDGsというアヘン」"