« 2020年6月 | メイン

第10回 12/15(火)安永 雄玄さん

photo_instructor_1057.jpg12/15(火)は浄土真宗本願寺派築地本願寺 代表役員宗務長 安永雄玄さんにご登壇いただきます。

東京築地にある築地本願寺は浄土真宗本願寺派のお寺です。

中に入ったことのある方は少ないかもしれませんが、伝統仏教である浄土真宗の寺院であり、本院であることからも、有名人の葬儀が行われたりと、名前くらいは知っているという方は多いことでしょう。

現在、東京をはじめとする首都圏にある寺院は、少子化、核家族化による家族制度の変化、明確な宗教心を持たない人の増加、それらに伴い昔からのお寺を中心としたコミュニティの崩壊など相まって、その存続自体に頭を抱えているところが少なくありません。

安永さんは、大学卒業後、メガバンクに入行。英国留学ケンブリッジ大学院にて経営学を学び、外資系、日系の経営コンサルファームなどで経営トップを歴任のうえ、築地本願寺に就職した異色のキャリアの持ち主でいらっしゃいます。

そう、安永さんのミッションはお寺の経営改革なのです。

ビジネスの世界と宗教の世界は、使われる言葉がまったく違うと言われます。それは、考え方の違いにも通じるのかもしれません。

そのようななかにあって、安永さんはどのように"改革"を進めているのでしょうか。サステナブルにお寺を運営していくために、いかに周りを巻き込み、実行へと落とし込んでいるのでしょうか。

安永さんが実践されている"改革"は、宗教法人という組織文化が違うゆえ、ビジネスパーソンのそれとは道のりが異なること、より困難が多いこと、容易に想像できます。安永さんのご経験、改革のプロセスを通して、私たちにたくさんの気づき、教えがあることと思います。(保谷)


・安永雄玄(やすなが ゆうげん)
・浄土真宗本願寺派築地本願寺 代表役員宗務長
・演題:「築地本願寺の経営改革~ビジネスマン出身僧侶のお寺改革~」

プロフィールはこちらです

第9回12/8(火)内田和成先生

kazunari_uchida2020.jpg第9回12/8(火)は、早稲田大学ビジネススクール 教授 内田和成先生です。

皆さん、お待たせしました。
ご講演いただいたその日のうちに、再登壇のリクエストをいただいてきました内田先生。夕学五十講には5回目のご登壇です。

早稲田大学ビジネススクールを代表する教授のお一人、ボストンコンサルティンググループの日本代表も務められた先生でいらっしゃいます。ご存じの皆さま、著書をお読みの皆さま、多くいらっしゃることと思います。

今回のテーマは、戦略づくりを支える思考法。

ビジネスには論理思考、左脳が大事、とよく言われてきました。一方でここ数年、ビジネスのフィールドでも注目を集めてきたのが右脳思考です。デザイン思考をとりいれ、感性やアート領域への関心が高まってきたのもまさにこれでしょう。

内田先生はコンサルタント時代から右脳重視派でいらしたそうです。右脳思考をタイトルとしたご著書もあります。右脳思考といわれてなんとなくそれが感覚でわかる、から、右脳思考を方法論としてわかる、鍛える・使えるがめざせる、その一歩が踏み出せたらと思う私も一人です。皆さんとご一緒に学びたいと思います。(湯川)

・内田和成さん
・早稲田大学ビジネススクール教授
・演題:「右脳思考―観・感・勘のススメ―」
講師プロフィールはこちらです。

第8回 12/4(金)岡本隆司先生

photo_instructor_1059.jpg12/4(金)は京都府立大学 教授 岡本隆司生先生のご登壇です。

昨年出版された岡本先生の近著『世界史とつなげて学ぶ中国全史』は、文明の発祥から今日に至るまでの中国史の展開が一気呵成に描かれ、現代につながるリアルな中国の姿が浮き彫りとなる、中国近代史を専門とされている先生ならではの1冊です。

「中国人の考え方は理解できない」「中国の存在は日本にとって脅威」・・・と、近くて遠い国とも揶揄される如く、世界の大国・中国は日本人にとって圧倒的な存在感と重要性があることを理解しつつも、どこか遠い存在として評し、嫌厭をしてしまいがちかもしれません。

いまある中国とは、過去の歴史の積み重ねの決算であり、これからに向けての通過点でもあることは言わずもがなです。岡本先生は、多くの日本人が持つ中国へのイメージを理解しつつ、現代中国を理解するための中国全史としてまとめて下さっています。

岡本先生は、歴史とは人でいえば履歴書であり、対象を知る有効な手段であると仰います。

中国に関する報道は溢れ、日々さまざまな情報が流れてきます。私たちに届く一部の中国の情報からすべてを理解しようとし、ネガティブな感情を抱いてしまうのはナンセンスかもしれません。

岡本先生が読み解く中国の歴史をもとに、時空をこえて、過去の中国のありようを探ることで、現在の中国、さらに現代世界を知る機会にしたいと思います。(保谷)

・岡本隆司(おかもと たかし)
・京都府立大学 教授
・演題:「歴史から読み解く現代中国」

 プロフィールはこちら

第7回11/27 (金) さーたりさん

satari.jpg

第7回11/27 (金) は、外科医で漫画家のさーたりさんです。

面白い方がいらっしゃるんだなぁと、はじめてさーたりさんを存じ上げたときにはとても興味を覚えました。外科医で、漫画家。
ますます面白い方だなぁ、そして、素敵な方だなぁと、エッセイや漫画、インタビューでさーたりさんの作品やメッセージに触れて、そう思いました。いつかお会いしてみたい、お話を伺ってみたいと思い、今回ご登壇が実現して嬉しいです。

さて、さーたりさんのプロフィールです。
杏林大学医学部卒業、順天堂大学医学部肝胆膵外科に入局し、外科医として勤務。学生時代からの趣味であった漫画を生かして、医師の日常を絵日記にしたブログが評判をよび、コミックエッセイ「腐女医の医者道」シリーズを刊行。

これがブログでは「某女子校卒業後、某大学医学部入学、気合で卒業、勢いで国家試験合格。外科医を志し●年」となります。さーたりさんの面白さ、視点、センスが伝わってきます。

医師、漫画家、三児の母としてご活躍中ですが、このことを「全てが中途半端ではないか」と悩まれたそうなのです。しかしこれを「どれも大切だからこそ全てを選ぶ」のだと捉え直し、明るく楽しく日々を送られています。飾らない自然体の目線、ポジティブで明るい受け止め方や考え方、漫画や言葉から伝わってくるさーたりさんらしさを今回はテーマに、お話いただきます。皆さんで楽しみましょう。(湯川)

・さーたり さん
・外科医、漫画家
・演題「『選ばない』を選んで生きる」
講師プロフィールはこちら

第6回 11/17(火)徳井直生先生

photo_instructor_1056.jpg11/17(火)は慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 准教授、株式会社Qosmo 代表取締役 徳井 直生(とくい なお)先生のご登壇です。

徳井先生のご専門は電子工学。
AIを用いたインスタレーション作品群で知られる人工知能を用いた表現の研究者です。

と言われても、素人にはピンとこないことばかりですが、テクノロジーを活用したクリエイティブな表現を追求する集団 Qosmo(コズモ)の代表として、AIのDJと人間が一曲ずつかけ合うスタイルでのDJパフォーマンス「AIDJ」を国内外で行うなど活動をしていらっしゃいます。

先生ご自身が、Qosmo代表、工学博士であるとともに、Nao Tokuiのお名前でエレクトロニックミュージック作品をリリースするプロデューサー、さらに現役のDJでもあるのです。

Qosmo AI-DJプロジェクト

DJといえば、まさに"生の極地"とも言われるほど、フロアにいる人のノリや感情の高ぶりにあわせ選曲し、場を盛り上げるもの。

「音楽を学習した人工知能は、人間を感動させることができるのか?」というテーマを掲げ誕生したAIDJ。人工知能をDJに活用すると何ができるのでしょうか。

私たちは、AIは人間がしていることをいかに効率よくやってもらうかの"最適化"の観点で考えがちです。AIの価値はそれだけではないとし、新しい答えや観点を提供してくれる存在でもあるというのが先生が先導する未知なる研究の領域でもあります。

これまで、AIには難しいとされてきた音楽やダンスなど表現の領域を足掛かりに、AIのあり方、今後のAIとの付き合い方について、さらなる可能性とともに考えてみたいと思います。

・徳井直生(とくい なお)
・慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 准教授
 株式会社Qosmo 代表取締役
 Head of Technology - Dentsu Craft Tokyo
・演題:「AI×人間の新たな創造性」

プロフィールはこちら

第5回 11/9(月)池上彰さん

photo_instructor_1048.jpg11/9(月)はジャーナリスト 池上彰さんのご登壇です。

大学で学生に教えること、本を書くことを本業に、テレビにメディアに引っ張りだこの池上さん。どこにそんなお時間あるのかしら、と思うほどにマルチに活躍されています。
『夕学五十講』のご登壇も4回目。お忙しいなかお時間をつくって下さること、いつも明解、明瞭に時事問題を解説くださいますことに大感謝です。

地図から読む世界」 2007年6月29日講演

学び続ける力」 2014年6月23日講演

新しい世界の読み方」 2018年4月17日講演

今回のテーマは「世界の読み方2021」。
年初はイギリスのEU離脱からはじまり、秋にはアメリカの大統領選挙・・・と今年も世界的に大きな出来事が目白押しのなか、COVID-19の蔓延にて世界各地でパンデミックも起こっています。

大きな背景には東西冷戦の崩壊と世界のグローバル化があるなか、米中が対極をなしつつ、世界のリーダーには"自国ファースト"の流れさえあり、不安定さ極まりありません。

いま、世界はどのように動き、これからの世界はどうなっていくのか。
その中で、日本、私たちはどうあるべきなのか。

今回も池上さんにわかりやすく解説いただきながら、いまの世界の動きを読み解きます。(保谷)


・池上彰(いけがみ あきら)
・ジャーナリスト
・演題:「世界の読み方2021」
プロフィールはこちら

第4回 11/5(木)北野 唯我さん

photo_instructor_1054.jpg11/5(木)は著述家、ワンキャリア取締役 北野唯我さんのご登壇です。

自分はこのままでいいのか。
今のままの働き方、今の会社、今の仕事でいいのか。

長い人生、ビジネスパーソンとしての生活のなかで誰しもがこの問いを何度か自身に向けたことがあるのではないでしょうか。

ましてや、マネージャーやリーダーの立場の方ならば、部下やメンバーが悩み、この問いを投げかけられたことがあるかもしれません。その時、一人の人として個人の視点と、上司・リーダーとして組織の視点、双方の視点に苛まれながら相談に乗ることに苦慮された経験のある方も少なくないことと思います。

いま、多くのマネージャー・リーダーは、部下やメンバーの「個人のキャリア」を大事にしつつ、会社として「利益」も出さなくてはならない、というジレンマに悩んでいます。

作家として、またIT企業の役員として活躍する北野さんは1987年生まれ。いま、現場の中心となって働く80年代生まれのまさにビジネスリーダー的存在です。

経営としての組織の視点、現場で働く個人の視点、双方から会社というものをつぶさにご覧になっている北野さんより、組織と個人双方から現代における強い会社の条件についてお話しいただきます。

それは、これからの生き方、働き方、さらに生き残り方を考える機会になるに違いありません。北野さんのお話しより、"ジレンマ"を抱きつつ、私なりの解を見つけてみたいと思います。(保谷)


・北野唯我(きたの ゆいが)
・著述家、ワンキャリア取締役
・演題:「これからの生き残り方 ~組織と個人~」
講師プロフィールはこちら

第3回 10/20(火)秋元 雄史先生

yuuji_akimoto.jpg第3回10/20(火)は秋元雄史先生です。

秋元先生は、"あの藝大の"美術館館長で教授でいらっしゃます。
当大学美術学部絵画科ご卒業後、ベネッセアートサイト直島アートプロジェクト主担当、地中美術館館長、金沢21世紀美術館館長などをへて、現在に至ります。

そして、"あの直島" をプロデュースされた方です。
なるほど!あの直島ね、とうなずかれた方、多いのではないでしょうか。瀬戸内の小さな島に、全国・世界各地からたくさんの人が訪れる直島。現代アートの聖地とも呼ばれ、現代アートブームの火付け役ともなりました。

また、『アート思考』『武器になる知的教養』など、本で秋元先生に出会われた方も皆さんのなかには、きっといらっしゃることと思います。私も楽しく読みました。なかでも印象に残っているのは

「感じるままに感性で観ればいいの嘘」

という一行。はっとしました。美術は感じたままに感性で観ればいい、とよく言います。私は美術鑑賞が好きなので、自由に楽しめばいいという考えに賛成な一方、いやいや、その「感じるまま」が一番難しいのよね、となんども感じてきた一人です。

何を感じてよいかがよくわからない。どうしたら自分の感性がよくなるのかが知りたい。そんな私たちの思いに寄り添い、ガイドし、感性と知識の交差点に出会わせてくださるのが秋元先生。

今回の講演は、アートとビジネスの交差点。さて、どんな出会いがありますでしょう、どんな道を皆さんと楽しめますでしょう。(湯川)

・秋元雄史(あきもと ゆうじ)先生
・東京藝術大学大学美術館 館長/教授、練馬区立美術館 館長
・演題「アートとビジネスの交差点から世界を考える」
講師プロフィールはこちら

第2回 10/16(金)井上達彦先生

tatsuhiko_inoue.jpg第2回10/16(金)は、早稲田大学商学学術院 教授 井上 達彦先生にご登壇いただきます。

いままさに学びたいテーマ、いままさに聞きたいご講義、井上先生です。

井上先生のご専門は、ビジネスモデル・デザイン、事業創造、変革、競争戦略です。ご著書『ゼロからつくるビジネスモデル』も話題となりました。

with/afterコロナ。
多くの企業が、事業計画の修正や抜本的なビジネスモデルの見直しを迫られています。これまでの変化が急速に、さまざまに進んだ実感もあります。日々のこと明日のこと、押し迫った悩みや危機感も身近な存在にあります。コロナの前に戻ることはありません。

ビジネスモデルをどう作り直せばよいのか。どうしたら変革できるのか。どう変わらねばならないのか。
井上先生はまさにいまとこれからを捉え、講演を企画・準備くださっています。皆さんとご一緒にこれからのために、しっかりいま学びたい、考えたいと思います。(湯川)

・井上達彦(いのうえ たつひこ)先生
・早稲田大学商学学術院 教授
・演題「ゼロからつくるビジネスモデル ~with/afterコロナにおけるリフレームの手法~」
講師プロフィールはこちら

第1回 10/8(木)高橋 孝雄先生

夕学五十講 2020後期は10/8(木)より全15回開催いたします。今期も司会進行は 保谷・湯川 が担当いたします。どうぞよろしくお願いいたします。会場で、オンラインで、皆様、お待ちしております。

photo_drtakahashi_1050.jpg

さて、本日より各回を順にご紹介してまいります。
第1回は10/8(木)、慶應義塾大学 医学部教授 高橋孝雄先生です。

小児科医として、教育者として、日本小児学会会長はじめ日本の医学会を率いるお立場として、ご活躍でいらっしゃいます。
ご著書『小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て』は多くの方から支持され、現代の育児書のバイブルとも評されています。

まさに子育て最中の方々はもちろんのこと、ふとした機会にエッセイやインタビュー記事に触れ、先生のメッセージやお人柄に触れ、ヒントや前向きさをいただいたという方、いらっしゃるのではないでしょうか。私もその一人でした。

近年、医科学分野の研究が急速に進み、わかってきたことがたくさんあります。遺伝子や脳科学などの知識が子育てのために学ばれ、活かされてきているのも、現代のこと。しかし、解ってきて、知識が得られるようになったからこそ、迷い、悩むこともあります。何が正しいか、何がより効果的かという判断基準ではとらえきれないものもあります。人間関係、なかでも子育ては、その最たるもの、と言えるのではないでしょうか。

大切なのは、子どものチカラを信じること。
最高の子育ては、子どもの長所を伸ばすこと。

高橋先生はそうおっしゃます。それはどういうことなのでしょう。遺伝の力と豊かな環境の力、この2つによって私たち大人ができること。高橋先生の言葉に耳と心をお預けして、ご一緒に、考えてみられたらと思います。楽しみです。(湯川)

・高橋 孝雄(たかはし たかお))先生
・慶應義塾大学医学部 教授
・演題「子どもを育む遺伝の力、環境の力」
講師プロフィールはこちら

2020年度後期 9/8(火)受付開始/見逃し配信サービスはじめます

今期の夕学五十講は、10/8より2/9まで、全15講演を開催予定です。予約受付開始は、9月8日(火)午前10時より。

また、今期より「見逃し配信サービス」を始めます。

ご予約いただいた講演を後日オンラインでご視聴いただけますので、どうぞ安心して、ご予約・ご予定ください。伴い、複数枚購入における割引料金を変更いたしますので合わせご確認ください。開講に際しましては新型コロナウイルス感染拡大防止対策を徹底してまいります。皆様にもご理解・ご協力お願いすることございますがどうぞよろしくお願いいたします。

2020年度後期も皆様のご来場・ご受講をお待ちしております。

見逃し配信サービスのご案内
新型コロナウイルス感染予防の対応について
▼最新の講演情報夕学五十講のサイトにて
事情により講演者・日程等が変更となる場合がございます。最新情報は夕学五十講のウェブサイトにて随時お知らせしてまいります。

慶應丸の内シティキャンパス