« 2020年3月 | メイン

第12回 8/6(木)松尾睦先生

photo_instructor_1024.jpg今期最終講演となる8/6(木)は北海道大学大学院経済学研究科 教授 松尾睦先生にご登壇いただきます。

組織行動学者デービッド・コルブが提唱した、人は実際の経験を通し、それを省察・内省することでより深く学ぶことができるという「経験学習」理論は、今や"大人の学び"、企業内人材育成において広く知られ、各種教育体系や研修を構築するためのベースとされている企業も多いことと思います。

松尾先生は「経験学習」理論における研究の日本の第一人者であり、「経験する→振り返る→教訓を引き出す→応用する」の4段階の学習サイクルからなる「経験学習モデル」を丁寧に解説し、私たちの実践へとつなげて下さっています。

これまでにも松尾先生には、研究の深化に応じて『夕学五十講』にご登壇頂いていますが、今回のテーマは、部下の強みを引き出す育て上手のマネジャーについてです。

「育て上手」と言われる人たちは、部下や後輩の「経験から学ぶ力」を高めながら指導していることがわかっています。まさに、人材育成とは、部下や後輩が「自らの経験から学べるように支援する」ことを旨としているのです。

このテーマをさらに深堀りし、育て上手のマネジャーが部下をどのように指導しているか解き明かしたのが松尾先生の新たな研究であり、今回の講演のテーマです。

さまざまな調査より、組織を中長期的な成長へと導くのは、「部下を育てるタイプ」のリーダーであり、かつ、育成型マネジャーは「部下が経験から学ぶことを支援し、強みを引き出している」ことが明らかになったそうです。

育て上手のマネジャーはどのような方法で経験学習を促し、強みを引き出しているのか解説いただきます。皆さんの上司、さらに皆さんご自身は「育て上手のマネジャー」でしょうか。ご自分にあてはめ考えてみましょう。(保谷)

・松尾 睦(まつお まこと)
・北海道大学大学院経済学研究科 教授
・演題「部下の強みを引き出す経験学習リーダーシップ」
講師プロフィールはこちらです

第11回 8/4(火)田村淳さん

tamura.jpg8/4(火)はロンドンブーツ1号2号 田村 淳さんにご登壇いただきます。

皆さんご存じ、吉本興業所属の人気のお笑いコンビ、ロンドンブーツの田村淳さん。お笑いで、MCで、ライブetc活躍されています。さらに、YouTube「ロンブーチャンネル」の開設、この大学院進学、テレビタレントの枠を超えての活動で話題でもあります。

そんな田村さんがなぜ、いま、大学院へ? 
ニュースで、話題となったとき、または今回、お知りになったタイミングはそれぞれかもしれませんが、皆さんどなたもの驚きや関心はそこにあるのではないでしょうか。

現在、慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科(KMD)で学ばれています。研究テーマは「死者との対話」。

「人は生きる上で、色んなことを主体的に選択する権利を持っています。でも、死に方についてだけは全然違う。そこに何とかアプローチしてみたいんです」

のコメントがハフポスト日本版の記事にあります。田村さんに学びのテーマがあり、思いがあり、意思があることがよく伝わってきます。学ぼう、学び続けよう、成長し続けたい、そんな思いをもった皆さんがお集りくださるこの夕学五十講への登壇が実現したのも、このことからでしょう。

田村淳さんが夕学五十講に登壇されるんですね!
速報をリリースしてすぐに、たくさんの方から声をかけていただきました。受付開始後すぐに満席をいただき、皆さんのご期待が伝わってきます。私たちも楽しみです。この夕学でしかお伺いできないだろう"学び"のお話、皆さんとたっぷりお伺いいたしましょう。そしてお話を引き出してくださるのはハフポスト日本版 エディターの南 麻理江さんです。(湯川)

・田村 淳(たむら あつし)
・ロンドンブーツ1号2号
・演題:「ボクが慶應大学院で学ぶ理由」
講師プロフィールはこちら
※トークショー形式の講演60分・質疑応答30分の構成です。トークショー形式講演でのお相手 南 麻理江(みなみ まりえ)氏。

第9回 7/29(水)高橋 俊介先生

photo_instructor_1047.jpg

今、リベラルアーツがビジネスパーソンの学びで注目されています。

テクノロジーの急速な進展、激しく変化するビジネスモデル、働く人の変化・・・等、現在のような変化激しく、想定外の事が起こりうる時代だからこそ、特に次の経営を担う次世代リーダー、経営人材にとって、リベラルアーツを学ぶことは不可欠であると語られることが多くなりました。

反射的に目の前の問題に対処するだけでは太刀打ちできない状況、これまでの自身の経験則だけでは語ることができないことが多くなっていること、皆さんも日々の仕事、意思決定のなかで実感していらっしゃる方も多いことでしょう。これからの時代さらにこのような感触を持つことが多くなることは間違いありません。

そのような時代にあって大切なことは、直ちに正解を求めるのではなく、社会科学や自然科学といったリベラルアーツから学び、大きな視点で自論を固める必要があると高橋先生はおっしゃいます。

高橋先生は、ここ数年にわたり、自論を形成する場として、「世界観ゼミナール」という形で、社会科学、自然科学の視点から、現段階でできる限り「事実」に近づいていると思われる重要な著作を読み込み、感想や考えを語り合う勉強会を実施しています。

なぜ、私たちにリベラルアーツは大切なのか、今一度振り返って頂くとともに、「世界観ゼミナール」にて取り上げている著作を引用いただきながら、リベラルアーツからの学びを共有いただきます。(保谷)


・高橋俊介(たかはし しゅんすけ)
・慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任教授
・演題:「経営人材が今学ぶべきリベラルアーツ」
プロフィールはこちらです

第8回 7/27(月)大室 正志先生

photo_instructor_1035.jpg

日系大手、外資系、ベンチャー、さらには独立行政法人に至るまで幅広い法人30社以上の産業医を担当しているとともに、「働き方」や「メンタルヘルス」についての深い知見から各種メディアにも引っ張りだこの大室先生。
まさに、ビジネスパーソンの実態に寄り添いながら、現代人の身体、心の健康についてさまざまに提言をされています。

年功序列、終身雇用を大きな軸とした日本企業の家族主義的な歩みは今や昔。「働き方改革」も奏功し、その在り様は大きく変化しているといわれています。

さらには、このコロナ禍にあって、突然の在宅勤務や電子決済など、十分な準備もないままに働き方が激変されている方も少なくないことでしょう。リモートワークが主流になることにより、これまでの日本企業が強みとしてきたメンバーシップ型の仕事の進め方から、成果、結果を重視したジョブ型へと今度こそ必ずや移行されるという声も多く聞こえてきます。

しかし、この変化をアタマでは理解できていても、身体や気持ちがついていかない、大きな負荷がかかるのが動物としての人類というものでしょう。このストレスが、私たち人間にとって何らかの形で大きな歪みが出てくること、大室先生は警鐘を鳴らしています。

ビジネスパーソンとして、企業人、組織人として、私たちができる事、この変化に対応していくために準備しておくことはどんなことなのでしょうか。

今回は、いま、そしてこれからの変化を見据え、企業と個人が健全な関係を持つことについて、そのための心構えについてお話し頂きます。(保谷)


・大室正志(おおむろ まさし)
・産業医
・演題:「企業と個人の健全な関係」
プロフィールはこちらです

第7回 7/21(火)細谷雄一先生

yuichi_hosoya.jpg7/21(火)は慶應義塾大学法学部 教授 細谷雄一先生にご登壇頂きます。

細谷先生のご専門は、政治学、国際関係論、国際政治史(現代ヨーロッパ等)、イギリス外交史であり、特に力を入れていらっしゃるのが「外交学Diplomatic Studies」です。日本ではほとんど知られていない「外交学」ですが、英語では『The Hague Journal of Diplomacy(HJD)』という学術誌もあり、先生はそのInternational Advisory Boardのメンバーでもいらっしゃいます。

先生は、これまでのご研究のなかで、日本が国際社会とどのように向き合い、どのように自らのアイデンティティを育んできたのか、丹念に分析していらっしゃいます。

私たちは、歴史を学ぶ際には、「世界史」と「日本史」とに分けて取り組んできました。しかし、それでは、世界史のなかにはほとんど日本は出てこず、また、日本史のなかにも世界史はほとんど出てきません。

この分断している見方に一石を投じ、「世界史」と「日本史」を融合した視点より歴史、外交をみていこうとされているのが先生のお考えです。

外交下手とも言われる日本。もしかしたら、「世界史の中の日本」という視座を私たちはどこかで置き忘れ今に至っているのかもしれません。

「世界史の中の日本」という視座から、日本が国際社会の中でどのような道のりを歩んできたのか、新たにみえる側面があることでしょう。

改めて日本を知る、世界を知る機会となること、楽しみです。(保谷)

・細谷 雄一(ほそや ゆういち)
・慶應義塾大学法学部 教授
・演題:「世界史からみた日本近現代史」
プロフィールはこちらです。

細谷先生のブログには「外交史研究者」としてのまなざしが日々綴られていて読み応えあります。

第6回 7/16(木)仲野 徹先生

tooru_nakano.jpg7/16(木)は大阪大学医学部 教授 仲野 徹先生です。

「(あまり)病気をしない暮らし」

この演題がとても仲野先生らしさを表していると思います。そしてとてもいいなあ、と思います。

仲野先生は、大阪大学医学部教授、同大学院 生命機能研究科 時空生物学、医学系研究科 病理学教授。近年、もっとも注目の集まる分野のひとつ、生命科学、細胞、クローンがご専門です。最先端でやや難しくも感じますが仲野先生は、「大阪が生んだ「世界一おもろい生命科学者」」の名もお持ちです。その代表が演題と同タイトルのご著書。

慶應MCCメルマガ【てらこや】のスタッフが紹介する「今月の一冊」コーナーで、米田がこんなふうに紹介したことがありました。

本著には健康になる、病気にならない画期的な方法が書かれているわけではない。どちらかというとそうだろうなとは思っているものの、それが難しいっちゅうねん!と思うことが書かれている。
しかし本著を読んで、これらが、なんとなく大事と思う、から、なぜ大事なのか分かるに変わった(全文はこちら)。

今回の新型コロナウィルス感染拡大しかり、医学情報では常に、フェイクニュースや根拠のない情報が広まり問題となっています。では個々人には何ができるのかといえば、"それなりの"ヘルスリテラシーを身につけておくことです。専門知識はなくとも、なんとなく怪しいとか、なんとなく正しそうとか、わかること。

仲野先生の思いが著書や本登壇につながります。面白くて、わかりやすいと定評のある仲野先生。皆さんもご一緒に楽しく、(あまり)病気をしない暮らし〉に一歩近づきませんか。(湯川)

・仲野 徹(なかの とおる)
・大阪大学医学部 教授
・演題:「(あまり)病気をしない暮らし」
プロフィールはこちらです。

第5回 7/13(月)玉置 妙憂さん

myouyuu_tamaoki.jpg7/13(月)は看護師、僧侶 玉置 妙憂(たまおき みょうゆう)さんのご登壇です。

玉置さんは異色のキャリアの持ち主。
大学法学部ご卒業、看護師・看護教員の免許を取得された後、ご主人の死に寄り添い、"自然死"という死にざまがあまりにも美しかったことから開眼し出家。高野山で修行を積み、高野山真言宗僧侶となりました。

現在は、現役の看護師としてクリニックにて勤務するとともに、「地域で元気に生きるお手伝い」を核とした訪問スピリチュアルケアを行う非営利一般社団法人大慈学苑の代表としての活動にも励んでいらっしゃいます

私たちは日々生きていくなかで、嬉しいことや楽しいことばかりでなく、悲しいこと、苦しいこと、困ったことと共にあります。特に、病気や死、さらには老いといったことは、誰しもが避けることはできず、人生のなかにあってしっかりと向き合わなければならない、時に悲しく辛いことが散りばめられている事柄でしょう。

人生の最期まで穏やかで静かな時間を過ごすためには、身体をケアする医療とともに、心のケアが必要であると玉置さんはおっしゃいます。

私たちが、毎日を穏やかに笑顔で過ごすために、「人生をしっかりと太く生きる」ためのヒントを頂きます。

なお、玉置さんは、講演会は生もの、集う人々の熱量、会場の気、世の中の流れ、さまざまな要素が組み合わさってつくりだされる、そのときそのとき一度きりの時間と空間と捉えていらっしゃいます。
新型コロナウィルスの影響にて、私たちは、しばらくの間、直接会うこと、共にその場の気をつくることが制限されてきました。

『夕学五十講』の会場にて、玉置さんの講演にて、皆さまとともにそのときの時間と空間をご一緒できること、共につくり出すことを楽しみにしております。(保谷)

・玉置 妙憂(たまおき みょうゆう)
・看護師、僧侶
・演題:「人生をしっかり太く生きる」

プロフィールはこちらです。

第4回 7/9(木)高階秀爾先生、石川善樹先生

takashina.jpgishikawa.jpg

7/9(木)ご登壇いただくのは、大原美術館 館長 高階秀爾先生と、予防医学者 石川善樹先生です。

高階先生と石川先生、今回、初めての対談です。

え、高階先生と石川先生? 驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。私も、実現したら素晴らしいけれど、まさか、ともちょっと思っていました。ですのでなお、実現してとても嬉しいです。

きっかけは、隣りあわせのリーフレット。慶應MCCのagora講座に、同じ昨秋期にご登壇いただいていました。高階先生のご著書『日本人にとって美しさとは何か』をみとめ、「美しいとは何か」という問いに向き合ってみたいと思われた石川先生、それに応えてくだ
さった高階先生。思い、探究心、好奇心がつながってのご縁です。

高階先生は日本を代表する美術史家・美術評論家、私たち日本と日本人に、西洋美術の美しさ、素晴らしさをご紹介くださった方と言っても過言はありません。

石川先生は「人がよりよく生きるとは何か(Well-being)」をテーマに学際的研究を続けられています。従来の学術領域を超えた研究やコラボレーションにあふれ、メディアやSNSでも積極的に発信されています。

そんな高階先生と石川先生がそれぞれのご研究の中で、向き合い、探究してこられた「美しさ」について、じっくり語っていただき、そして初めて意見を交わしていただきます。皆さんもご一緒に、美しとは何か、考えてまいりましょう。楽しみです。(湯川)

・高階 秀爾(たかしな しゅうじ)大原美術館 館長
・石川 善樹(いしかわ よしき)予防医学研究者
・演題:「『美しい』とは何か」
・講師プロフィール:高階秀爾先生石川善樹先生

第3回 7/7(火)大屋 雄裕先生

ohya.jpg7/7(火)は慶應義塾大学法学部 教授 大屋 雄裕先生にご登壇頂きます。

自由と規律。このタイトルに若いころ読んだ岩波新書を思い出しました。

池田潔先生による1949年の著作です。厳格な規律の中で自由の精神は育くまれていく、英国パブリックスクールにおける教育。自由と規律は相反する存在ではないと知りました。ビジネスや社会における自由と規制の関係が重なります。

ところで、この講師紹介を書く今日も私はテレワークです。毎日選択肢なくオフィスに出勤していたころに比べると、自由、規律という言葉を身近に、自分ごとに感じるのです。

では、政府主導による規律、情報技術による規制社会となるとどうでしょうか。21世紀社会、Society 5.0を内閣科学技術政策は、「サイバー空間とフィジカル(現実)空間を高度に融合させたシステムにより、 経済発展と社会的課題の解決を両立する、 人間中心の社会(Society)」と定義づけます(Soeity5.0">内閣府の政策 Society5.0)。もちろん経済の発展や社会的課題解決は望ましいことですが、しかし快適で安全な社会は規制ある監視社会であることに私たちはすでに気づき、不安や懸念を抱いているのも事実です。

大屋先生は1974年生まれの40代、いまの時代の法哲学者でいらっしゃいます。Society5.0とはどのようなものなのか、それが社会、経済、生活にどんな影響を及ぼすのか、私たちの自由は守られるのか、大屋先生に解説いただき、皆さんで考えたいと思います。(湯川)
・大屋 雄裕(おおや たけひろ)先生
・慶應義塾大学法学部 教授
・演題:「Society 5.0、における自由と規制」
講師プロフィールはこちら

第2回 7/2(木)清水 洋先生

photo_instructor_1030.jpg7/2(木)は早稲田大学商学学術院 教授 清水洋先生にご登壇頂きます。

「米国のやり方」を真似すれば日本の生産性は向上する-そんな思い込みが日本経済をますます悪化、日本経済の失われた20年と言っても過言ではありません。

清水先生は、アメリカ、イギリス、オランダ、そして日本と各国の名門大学にて最新経営学のトップランナーとして研究を重ねています。その中にあって、イノベーション関連研究の探索量、立論における学際的な視点は、一目置かれる存在として国内外より高い評価を得ていらっしゃいます。

今回は、昨今の日本は世界にあって存在感が薄いともいわれる「イノベーション」についてお話し頂きます。

イノベーションには、創造的な側面と破壊的な側面があり、持続的にイノベーションを生み出すためには、この両側面を真剣に考えていく必要があると先生は指摘されます。

イノベーションをめぐる誤解や俗説を紐解くとともに、ヒト・モノ・カネの流動化を根底にイノベーションの多面性について解説いただきます。
 
アフターコロナの世界、ますます混沌とするなか、先生の丹念なご研究と事例からのご講義は、イノベーションについて考える大きな標となることでしょう。(保谷)

・清水 洋(しみず ひろし)先生
・早稲田大学商学学術院 教授
・演題:「イノベーションは社会を創るのか、破壊するのか」

講師プロフィールはこちら

第1回 7/1(水)土居 丈朗先生

photo_doi.jpg皆様、たいへんお待たせいたしました。皆様よりいただくお問合せや労いのお声に、たくさんの皆様が『夕学五十講』を楽しみにしてくださっていることを改めて感じました。緊張や心配は続いていますが、こうして皆様に開講のお知らせができ、私どもスタッフもとても嬉しく思っています。7/1(水)より開講予定、皆様、今期もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、伴いまして、本日より司会担当の保谷、湯川の各回紹介も始めます。今期は全12回といつもより少ない回数ではありますが多彩な講師陣にご登壇いただきます。会場にてたくさんの皆様にお目にかかれますこと楽しみにしております。

============

第1回目 7/1(水)は慶應義塾大学経済学部 土居 丈朗先生にご登壇いただきます。

演題は「コロナ後を見据えた財政経済政策」です。
新型コロナウイルス感染拡大や緊急事態宣言による経済への影響は、すでに始まっており、生活者や企業人として私たちも実感しています。しかし本格的な影響が見えてくるのはまだまだこれからでもありましょう。そんないま日本の財政経済政策について土居先生に解説いただき、ご一緒に考える、重要かつふさわしい初回となりました。

土居先生のご専門は財政学、公共経済学、政治経済学、経済政策論。行政改革推進会議議員、税制調査会委員、財政制度等審議会委員等務められ、著書、ジャーナル、SNSで研究成果やお考えを積極的に発信されています。

『夕学五十講』では、土居先生には前回、 2012年5月にご登壇いただき、日本財政の何が問題なのかを講じていただきました(前回のリフレクションはこちら)。
日本の財政が危機的状況にあることは、8年前から変わらず、むしろ高齢化や人口減少等諸問題はすすみ、今回の緊急事態がさらに加わりました。日本財政の現状、立て直すにはどのような具体策があるか、立て直すことはできるのか、土居先生に解説いただきます。(湯川)

・土居 丈朗(どい たけろう)先生
・慶應義塾大学経済学部 教授
・演題「コロナ後を見据えた財政経済政策」
講師プロフィールはこちらです。

2020年度前期は全12講演を開催いたします

緊急事態宣言に伴い2020年度前期講演の開講を延期しておりましたが、解除を受け、7月1日(水)より全12講演の開催を決定いたしました。受講の予約・受講券の購入は6月9日(火)10:00より開始いたします。

再度、緊急事態宣言やイベントの自粛要請が発令されるなど、今後も会場の丸ビルホールの使用ができなくなる可能性もございますが、その際はオンライン配信に切り替えて実施いたします。
つきましては、受講券購入ならびに講演予約の際は、万一の際にはオンライン配信に切り替える対応をご了解いただき、あわせて下記も必ずご確認の上でお手続きをお願いします。なお、2020年前期に限り夕学パスポートの販売はいたしません。

緊急事態宣言が再度発令されるなど講演会場(丸ビルホール)が使用不可となった場合の対応について
新型コロナウイルス感染予防の対応について

皆様にはご迷惑をおかけしますがなにとぞご理解ご了承くださいますよう、お願い申し上げますとともにご来場をお待ちしております。

慶應丸の内シティキャンパス