« 第19回 6/28(金) 堤 未果さん | メイン | 第21回 7/3(水)鷲田祐一先生 »

第20回 7/2(火) 田村次朗先生

jirou_tamura.jpg 7/2(火)ご登壇いただくのは、慶應義塾大学法学部教授、ハーバード大学国際交渉学プログラム・インターナショナル・アカデミック・アドバイザー 田村次朗先生です。

田村先生は、経済法、国際経済法、交渉学をご専門に、教鞭をとり、研究、教育に携わられています。そしてそれらの実践面の最前線でもご活躍です。日米通商交渉、WTO(世界貿易機関)交渉等に携わってこられ、世界経済フォーラム(ダボス会議)では「交渉と紛争解決」委員会委員を務められています。今回の「対話型リーダーシップ」はまさに、研究・教育・実践の世界の最前線にいらっしゃる田村先生だからこそのテーマ。

交渉学とは「対話(Dialog)」の方法論である

と田村先生はおっしゃいます。前回4年前に「三方よしの対話力~交渉学入門」と題して『夕学五十講』にご登壇いただきました。そのときの大きなメッセージがこの「交渉学とは対話の方法論である」でした。対話は、立場や価値観、文化、利害の"異なる"当事者同士が合意形成をめざす、困難でストレスを伴う営みです。そのときの夕学リフレクションはこちらです。

今回はこのメッセージの応用編ともいえましょう。ここ数年で多様性とは必然で当り前であると認知されてきました。しかし認知は単なるスタート地点、多様性の複雑化、対立や障害の深刻化がすすんでいるのも事実です。ますます求められていくのが対話型リーダーシップです。私たちビジネスパーソン誰もにとって大切な基盤能力ともなりうる、このテーマについて、今回はじっくり講義いただきたいと思います。楽しみです。(湯川)

・田村 次朗
・慶應義塾大学法学部教授、ハーバード大学国際交渉学プログラム・インターナショナル・アカデミック・アドバイザー
・演題は「対話型リーダーシップのすすめ~リーダーシップ基礎教育への挑戦~」
講師プロフィールはこちら