« 2019年1月 | メイン | 2019年3月 »

相澤孝夫院長に聴く、ビジョン・ミッション・モチベーション

相澤孝夫組織には、求心力と遠心力が働く。

スタートアップに成功し急成長中の企業などは、ほとんど求心力の塊だ。大量の人と金が急速に凝集し、膨張しながら成長していく。その中心にいるのはカリスマ的な創業者か、あるいは磁力の強いビジネスアイデアか。

一方、遠心力が優勢な組織もある。意義不明の仕事、魅力のない上司や同僚、経営破綻の噂。そこから逃げ出したい、という思いが駆動する「ネガティブな遠心力」に満ちた職場。

だがここで論じたいのは「ポジティブな遠心力」だ。高度な専門性が要求される自分の仕事そのものへのモチベーションは高いが、組織としての仕事には関心が薄い。
そんな職場のひとつ「病院」で、懊悩しながら経営改革を進めてきたのが相澤孝夫氏だ。

続きを読む "相澤孝夫院長に聴く、ビジョン・ミッション・モチベーション"