« 2018年12月 | メイン

希少性で自分の価値を上げる 藤原和博さん

2003年に発売されたSMAPの大ヒット曲『世界に一つだけの花』の歌い出しにいつも違和感があった。

No.1にならなくてもいい
もともと特別なOnly one

いや、待てよ。「Only oneの人こそが、No.1になるんじゃないか?」と引っかかっていたのだ。
藤原和博例えば、フィギュアスケートの羽生結弦選手は類い稀な運動神経と努力によって磨かれた豊かな表現力でオンリーワンかつナンバーワンの選手である。また安い値段で高品質の商品を提供できるユニクロを展開するファストリテイリングは、オンリーワンかつナンバーワンの企業であり、柳井正氏が世界長者番付で上位に名を連ねていても、まあ当然かなと思う。なので、正しくは「もともとかどうかは別として、特別なOnly oneはNo.1を兼ねている」と夢も語呂もない歌詞を考えてしまうのだが、藤原和博先生の提唱する「キャリアの大三角形」は、まさに「Only one の人材がだいたいNo.1の人材になる」ということなのだ。

続きを読む "希少性で自分の価値を上げる 藤原和博さん"

小野雅裕氏に聴く、ぼくらが宇宙に出る理由

小野雅裕平成最後のクリスマスの夜。
丸ビルの講演会場に現れたサンタクロースは、オーディエンスの大半よりも若い、1982年生まれの小野雅裕氏だった。
アメリカ航空宇宙研究所(NASA)のジェット推進研究所(JPL)に勤める小野氏は、火星探査機の自動走行システムの開発などを本業とするResearch Technologistの肩書きを持つ。
講演では期待通り、宇宙開発の担い手のひとりとして最先端の話題も披露してくださったのだが、話はそこだけにとどまらなかった。まるで自律走行する火星探査機のように、「宇宙」に関するありとあらゆる領野を縦横無尽に走り回りながら、小野氏は、いわば「いま私たちが味わえる『宇宙』のフルコース」といった趣で数々の話題をプレゼントしてくれた。

続きを読む "小野雅裕氏に聴く、ぼくらが宇宙に出る理由"