« 第15回 6/12(火) 楠木 新さん | メイン | 第17回 6/28(木)本村凌二先生 »

第16回 6/21(木)飯間 浩明さん

hiroaki_iima.jpg6/21(木)は国語辞典編纂者、『三省堂国語辞典』編集委員 飯間 浩明さんにご登壇頂きます。

日本語学者で国語辞典編纂者の飯間さんは、『三省堂国語辞典』の編集委員として、日々辞書に載せる言葉をまとめていらっしゃる、まさに「辞書づくりのプロフェッショナル」でいらっしゃいます。

言葉について、辞書のありかたについて、日々考え、言葉を観察している飯間さん。

私たちが日常使っている日本語は、子どもの頃とそう大きな変化はないように感じますが、現代日本には、30年前には想像もしなかった、理解できなかった言葉が溢れているとおっしゃいます。

それは、インターネットやグローバル化の進展などによって、社会の変化が日本語にも大きな影響を与えているのです。

辞書編纂者として、言葉の観察者として、言葉の変化、ひいては社会の変化をどのようにご覧になっているのでしょうか。

私たちの日本語はどのように変化し、今どういう位置にあり、これは社会のどのような変化とつながっているのか・・・。

変化の加速度を増しているとも言われる今、過去から紐解くことで、これからの変化も見えてくるかもしれません。(保谷)

 ・飯間 浩明さん
 ・国語辞典編纂者、『三省堂国語辞典』編集委員
 ・演題:「国語辞典から現代日本語が見えてくる」

推薦図書: 『三省堂国語辞典 第七版
見坊豪紀、市川孝、飛田良文、山崎誠、飯間浩明、塩田雄大(共編)、三省堂、2013年
※同内容の「三省堂国語辞典 第七版 公式アプリ」iOS版、Android版が、BIGLOBEおよび物書堂から出ています。

プロフィールはこちらです