« 第24回 1/30(火)本田 哲也さん | メイン | 強い「I」 高岡本州さん »

第25回 1/31(水)片山 杜秀先生

morihide_katayama.jpg『夕学五十講』2017年度後期のラスト講演を飾って頂くのは、1月31日(水)ご登壇
慶應義塾大学法学部 教授 片山 杜秀(かたやま もりひで)先生です。

生前退位を望まれる今上天皇のおことばが発せられ、それを受けて本年 平成29年天皇の退位等に関する皇室典範特例法が国会で成立しました。

まだ実感として湧きませんが、明治・大正・昭和とは異なる形で、平成は終わりを告げるようです。

ここ数年、私たち多くの国民のなかでも、象徴天皇について、天皇の公的行為について、継承について、そもそも現在の民主主義と天皇制の相性について・・・等、さまざまな形で思いをめぐらす機会が増えています。

今回は、政治思想史ご専門の片山先生とともに、幕末以降の状況を振り返り、近代日本と天皇をめぐる諸問題について考えていきます。

片山先生といえば、ご存じの方も多い、音楽評論家としてのもう一つのお顔もお持ちです。

先生がナビゲートされるFMラジオ クラシック音楽番組を楽しみにされている方も多いことでしょう。

驚異的な博覧強記を武器に音楽について語られる片山先生。
当日はご専門の政治日本史をベースに、熱くお話し頂けることと思います。(保谷)

片山 杜秀
慶應義塾大学法学部 教授
「近代天皇論~天皇制と民主主義~」

講師プロフィールはこちらです

このエントリーのURI(リンク用タグ付き)

 

トラックバックURI

コメントをどうぞ!

     

  • このエントリについて言及のないコメントは削除させていただくことがございますので、ご了承ください。
  • スパム防止のため画像認証を導入しました。「Captcha」欄に表示された画像と同じ文字・数字を指定欄にご入力ください
  •      


画像の中に見える文字を入力してください。