« 2012年3月 | メイン | 2012年5月 »

「センス」とは、プロセスを見ること。 西村佳哲さん

photo_instructor_603.jpgこの数年「熟議の方法論」が注目されている。
経営・組織分野では、組織開発や創造的会議の方法論がトピックになっている。(6/14の夕学では、神戸大の金井壽宏先生がこのテーマで話します)
地域おこし、市民参画型公共システムに取り組んでいる人の間でも関心が高い。(夕学では金子郁容先生がこの話に触れた)
「ホールシステムズアプローチ」という言葉をどこかで聞いたことにある方も多いのではないだろうか。

西村佳哲さんの場合は、もっと身近な、差し迫った問題から「熟議の方法論」に関心を寄せたようだ。「美大でデザインを教える」という個人的なことが出発点だった。

「いい授業をつくるには」
その問題意識が、きょうの講義のテーマ「(人への)かかわり方」を探索するきっかけになったという。

デザインは、答えが生徒にあるもの。教師が「これがよい」と押しつけるものではない。生徒の中にあるものをどうやって引き出せばよいか。そのための「かかわり方」がわからない。

悩んだ西村さんが、惹き付けられたのが「ワークショップ」という方法論であった。
「ワークショップ」の定義は、はてなワードによれば下記のようになる。

もともとは「仕事場」「工房」「作業場」など、共同で何かを作る場所を意味していた。 しかし最近は問題解決やトレーニングの手法、学びと創造の手法としてこの言葉が使われる事が多く、あらゆる分野で「ワークショップ」が行われている。 「ワークショップ」は一方通行的な知や技術の伝達でなく、参加者が自ら参加・体験し、グループの相互作用の中で何かを学びあったり創り出したりする、双方向的な学びと創造のスタイルとして定義されている。 ファシリテーターと呼ばれる司会進行役の人が、参加者が自発的に作業をする環境を整え、参加者全員が体験するものとして運営される。

「ここにヒントがあるのでは」と考えた西村さんは、海外を含めてさまざまな「ワークショップ」を体験してみた。そのうちに、ざらざらとした違和感を抱くようになった。

続きを読む "「センス」とは、プロセスを見ること。 西村佳哲さん"

「古事記に家族愛を見る」 浅野温子さん

photo_instructor_609.jpgのサムネール画像作家の阿刀田高さんによれば、地域・民族の文化度を推量する目安のひとつは「豊かな神話を持っていること」だという。

例えば、西欧文明が持つ立体感は、ギリシャ神話の豊かさに支えられている。
ルネサンスの彫刻・絵画の題材として、ダンテ、ニーチェ、カミュの創作モチーフとして、現代日本演劇を代表するNINAGAWA演出(「オイディプス王」「王女メディア」)もギリシャ神話を重要視している。

古事記に代表される日本の神話も、歴史の古さでは負けるが、豊かな寓意性はギリシャ神話にひけを取らない。
イザナギ・イザナミの悲恋、海彦・山彦の兄弟確執、ヤマトタケルの英雄譚等々。
長きに渡って、童話、小説、演劇に格好の素材を提供してきた。いまでもマンガやスーパー歌舞伎のモチーフとして、ファンタジー(「火の鳥」)やスペクタクル(「ヤマトタケル」)のエンタテイメントに貢献している。
4735f81f.jpg
images.jpg
その意味で、神話はいまも生きている。

続きを読む "「古事記に家族愛を見る」 浅野温子さん"

「先端を追うには、その発端を握る必要がある」 日比野克彦さん

photo_instructor_608.jpg日比野克彦氏は、1982年PARCOが主催する日本グラフィック展で大賞を受賞し、アート界の寵児として華々しく登場した。
http://www.hibino.cc/profile/history/1982_03a.html

当時、渋谷という街は、PARCO、西武百貨店などを核にして、若者の文化発信基地として変貌しつつあった。
「作品をケースに入れて美術館に収める」という従来型のスタイルに窮屈さを感じていた日比野さん(当時東京芸大の院生)にとって、作品を作るプロセス、身体性までもアート表現に変えてしまう渋谷という街は魅力的だったという。

以来30年、日比野さんはいつもアートの先端を走ってきた。現在は、東京芸大先端芸術表現科教授の肩書きも持つ。
同時に、日比野さんは、「先端を追うには、その発端を握る必要がある」という意識も持っている。
アートの発端を握るとは、「ひとはなぜ絵を描くのか」という根本の衝動をつかまえるということである。
そのために、日比野さんは世界中を旅してきた。

「H(ホーム)からA(アウェイ)に移動した時に起こること」
日比野さんは、大好きなサッカーのメタファーで、ひとが絵を描くきっかけを考えてみようとした。

続きを読む "「先端を追うには、その発端を握る必要がある」 日比野克彦さん"

「うまく説明できないものは、たいていの場合、手がかりなのだ」 内田樹さん

photo_instructor_607.jpg内田樹先生の著作を眺めてみると、まぁ、そのカバー領域の広さに驚く。
専門の思想や哲学、教育論、武道論までは分かるとして、アメリカ論、中国論、日本論、映画論、メディア論、マンガ論にいたるまで縦横無尽である。

その論考を構築する際の立ち位置は「素人」であることだという。
思考を駆動するきっかけは「身体的な違和感」である。
「なにか嫌な感じがする」「なぜか話が分かりくい」ことへの直観的な反応である。

「うまく説明できないものは、たいていの場合障害物ではなく、手がかりなのだ」

内田先生は、アーサー・コナンドイルが名探偵シャーロック・ホームズに言わしめた台詞を例にとって、遡行的推理(reason backward)という論法を紹介してくれた。

例えば、「身体的違和感」を感じるニュースや報道があったとする。
それに対して、内田先生は、出来るだけ大風呂敷を広げる。素人なのだから穴だらけで構わない。風呂敷は、大きければ大きいほどよい。
広げた大風呂敷の上に、新聞などに記述された一連の情報を配列してみる。
すると、そこに当然あるはずのパーツ(報道、分析、解説)がないことに気づく。
それはいったいなぜなのか。あるはずのものがないことを遡行してみることによって、隠された理由が明らかになる、というものだ。

内田先生が「身体的違和感」を感じた報道のひとつに、普天間基地の移設問題があった。

続きを読む "「うまく説明できないものは、たいていの場合、手がかりなのだ」 内田樹さん"

土居丈朗先生の2本の投稿記事

消費税増税に関わる議論がさかんに交わされている。
注目を集める論者のひとりが橋下徹大阪市長で、「消費税の地方税化」を提言している。
その是非について、ヒートアップした意見交換が交わされていたが、慶應経済学部教授の土居丈朗先生の2本の投稿が、論点と本質論を理論整然と整理されており、「これで全てが言い尽くされた」とう感じで収束しつつある。

・言論プラットフォームアゴラ 「消費税の地方税化」私ならこう考える
・村上龍氏のJapan Mail Media  村上氏の4/10の問いに対する回答

新聞であれ、ソーシャルメディアであれ、文字数に制限があり、しかも懇切丁寧に書き尽くすには、圧倒的に紙面が足りない媒体を通じて交わされる論争は、私たちには、論点や本質論を理解するのが難しいものである。

今回の論争は、「消費税の是非」と「消費税の地方税化の是非」のふたつの問題が絡み合って、更に分かりにくくなったので、我々も、ついついやじ馬的な立場で、言い争いだけを面白がるという風になりがちだったが、土居先生の2本の投稿が、ピシャリと抑えてくれた気がする。

極論の粗っぽさをあげつらって批判することは、知識のある人にとって難しいことではない。
かといって、総論的な丸まった論というのは、引っかかるところがなくて、我々はどこに手を引っかけたらよいのかわからない。

土居先生の文章は、橋下さんの極論の中から、本質的な問題提起をすっと抜き出し、提示してくれるとともに、極論の粗っぽさを解きほぐし、今後詰めなければならない課題としてまとめている。

「自称インテリ」と揶揄して有識者を嫌うことが多い橋下さんが、大阪府特別顧問を依頼するだけのことはある。
大阪府での役割は、区政改革に関わることだそうで、土居先生の専門である地方税財政は管轄外とのこと。

5/31の夕学では、ズバリこの問題をお話いただく予定なので、たいへん楽しみである。

5月31日 木曜日
「日本財政の何が問題か」
土居 丈朗 慶應義塾大学経済学部 教授

マクドナルド、7つの 「えっ、そうなんだ」  原田泳幸さん

photo_instructor_604.jpg原田さんの夕学は、3月1日10時の予約開始から1時間半で、満席マークが灯った。ここまで早かったのは、ホリエモン登壇の時以来ではないだろうか。会場には、マックで育ったであろう30代のビジネスパースンの姿も目立った。

さて、原田さんの話については、『勝ち続ける経営』という講演録が出版されたばかりである。この本は細かい言葉の言い回し以外は、ほぼ忠実に講演内容を文字化しているとのことで、原田さんも感心していた。
従って、講演の内容紹介は、この本に譲るとして、きょうのブログは、控室でお聞きした事実も含めて、「えっ!そうなんだ」と思った7つの新発見を紹介することで、原田さんの経営を側面から考察してみたい。


1.コーヒー販売量は日本一
ハンバーガーの販売量なら当然だろうが、実は、コーヒー販売量もダントツの一位なのだという。ドトールやスターバックスを凌ぐ。調べたところ、ドトール1421店舗、スタバ912店舗であるのに対して、マックは3278店舗(上記書籍による)なので、そのスケールメリットが効いているということだろう。
マックにとって、コーヒーはあくまでもコモディティ商品であって、「らしさ」を象徴するものではない。しかし味と価格を総合した価値には絶対の自信を持っているとのこと。しかも、基幹商品であるハンバーガーを買ってもらうためのオープンドアツールとして重要な意味を持つ。
100円のコーヒーを飲んでくれた人に、ビッグマックやメガマックを買ってもらえるようにするためにはどうしたらよいか。そのための戦略と仕組みにこそ、本当のノウハウが凝縮されている。


2.8年で6回も値上げしている
原田さんがトップに就任された2004年以降、デフレ真っ盛りの日本にあって、マックがそれほど値上げをしていたのは驚きであった。
値上げは、マックの企業広報にとって、その腕が試される見せ場らしい。
値上げの事実と理由を、マスコミにつまびらかに公開し、尚且つ「なるほど」と納得させることが出来るかどうか、コーポレートコミュニケーションの巧拙が表出するイベントだという。
「原材料の高騰のため」「人件費アップのため」「為替の影響もあって」という文切り型の理由では、マスコミも消費者もけっして納得しない。価格の値上げ以上に価値が上がることを合理と感情で納得してもらう必要がある。
当然ながらマックの成長は、値上げの広報戦略が上手くいった証左である。

続きを読む "マクドナルド、7つの 「えっ、そうなんだ」  原田泳幸さん"

「正解のない問いに向き合う作法」 藤原和博さん

photo_instructor_606.jpg藤原和博さんに夕学に来ていただいたのは4度目である。(昨日の紹介では3度目と話したが、改めて調べてみたらもう一度あった)ブログだけでも3回目になる。

改めて、これまでの講演内容やブログを見直してみると、事例やネタの扱い方は異なるが、首尾一貫して同じことを言っている。


「正解のない問いに向き合う作法」である。

「会社と個人の新しい関係」(2003年)「公教育の未来」(2005年)「つなげる力」(2009年)「坂の上の坂の生き方」(2012年)、どんな講演テーマであっても、コアなメッセージは変わらない。

「会社と個人の新しい関係」をつくる際に必要となるもの
「公教育の未来」で培われるべき能力
異質な人やものをつなげることで実現できること
50代からの人生で、もうひとつ(ふたつ)の坂を登るための準備
全てに共通することは、「正解のない問い」に向き合う作法である。
彼はこれを>「情報編集力」と呼んでいる。

「情報編集力」の説明は、これまでも何度もしてきたが、昨夜聞いた新ネタをお借りして紐解いてみよう。

続きを読む "「正解のない問いに向き合う作法」 藤原和博さん"

第26回 7/26(木) 槇文彦さん

第26回 7/26(木)に大トリを飾っていただくのは、建築家の槇文彦さんです。

槇先生は、日本を代表する建築家として世界で活躍するお一人です。
表参道のスパイラル(1985年)、幕張メッセ(1989年)を始めとする数多くの作品があります。1990年に開講した慶應の湘南藤沢キャンパス(慶應SFC)も槇先生の設計です。

今回の夕学では、「グローバリゼーションの中での建築デザインを考える」をテーマに掲げていただき、北・南米、東南アジア、インド、レバノン、ヨーロッパに於いて進行している約15のプロジェクトを紹介いただきながら、グローバリゼーションの中で質の高い建築を実現するために、建築家に要求される知識、経験等をお話いただく予定です。

第25回 7/24(火) 松波晴人さん

第25回 7/24(火)に登壇いただくのは、大阪ガス行動観察研究所 所長の松波晴人さんです。

松波さんのプロフィールを拝見すると、大阪ガス入社後は、一貫して研究所に所属され、生理心理学、人間工学関係の基礎研究に従事されたとのこと。
推察するに、ガス器具ユーザーの心理や行動を分析し、商品開発やサービス設計に役立てる研究をされていたのではないかと思います。

そこで蓄積した成果とノウハウをもって、大阪ガス行動観察研究所を設立し、人間の行動の観察から深層心理を抽出して、マーケティングやサービスの革新に役立てようという、企業内ベンチャーとして活動されているようです。

今回の夕学では、ワーキングマザーの生活調査、書店の店舗デザイン、営業ノウハウの抽出、オフィスの生産性向上、工場のモチベーションアップなど、興味深い事例を紹介いただきながら、行動観察の効用をお話いただけるとのことです。

第24回 7/20(金) 妹尾大さん

第24回 7/20(金)は、東京工大大学院准教授の妹尾大先生です。

妹尾先生は、野中郁次郎氏のもとで「知識創造理論」の研究をされてきた若手の経営学者です。

具体的に研究しているのは、「知識創造支援ワークスタイルとワークプレイス」とのこと。
ひらたく言えば、クリエイティブを産み出すための働き方・仕事の進め方・職場環境の研究ということでしょうか。

縦方向のコミュニケーション(上から下への指示命令、下から上への報連相)を重視するピラミッド型の組織構造や業務システムは、効率的ではありますが、「知の創出」という観点からいえば、適合的ではありません。

なぜなら「知の創出」=イノベーションとは、既存の「知」同士の新しい組み合わせに他ならないからです。縦方向に仕切られた組織には、それが起きにくい宿命があります。

妹尾先生が取り組んでいる、「知識創造支援ワークスタイルとワークプレイス」は、「空間に誘導されて目的意識に気づき、働き方を変えたワーカーが、より高い生産性を達成するため自ら新たな空間を設計して実現する」という自律的なシステムのようです。

今回の夕学では、「知をつなぐデザインとリーダシップ」という演題で、研究成果をご紹介いただきます。

第23回 7/12(木) 吉原由香里さん

第23回 7/12(木)に登壇いただくのは、棋士の吉原由香里さんです。

吉原由香里さんは、旧姓梅沢由香里さん。慶應SFC卒の美人女流棋士として話題になってから、もう15年以上になります。

女流棋聖タイトルの奪取・防衛に成功するなど、棋士として着実に階段を昇る一方で、大人気マンガ『ヒカルの碁』の監修や、テレビの囲碁教室の出演など、囲碁文化の啓蒙活動にも積極的に取り組んでいらっしゃいます。

結婚された後は、棋士・囲碁啓蒙者という役割に、妻、母という女性ならではの役割をのっけて、プロフェッショナルに働く女性として、新しい時代のモデルにもなっていらっしゃいます。

最近は、「山ガール」ならぬ「囲碁ガール」という言葉が生まれるほどの囲碁ブームだそうですが、そんな変化にも大きく貢献されているのかもしれません。

今回の夕学では、囲碁の一体何がそこまで人を夢中にさせるのか。その歴史から現代
囲碁事情、そして実際の囲碁体験まで行っていただく予定です。

第22回 7/6(金) 本郷和人さん

第22回 7/6(金)に登壇いただくのは、東大資料編纂所教授の本郷和人先生です。

本郷先生は、日本中世史を専門にされており、特に中世の統治システムの研究から、天皇制の実相を明らかにされてきました。

女性宮家創設問題、皇位継承論議は、これから数年のホッとな政治イシューになることは間違いありません。しかしながら、多くの人にとって、天皇制は、知っているようで知らない問題でもあります。

選挙の争点になるようなことはないでしょうが、主権者としては、いまのうちに歴史的に正確な知識を確認する必要があるかと思います。

「世界に類を見ない万世一系の伝統」という一般的な知識レベルからもう一歩、二歩突っ込んで、「日本の歴史にとって、天皇とはどんな存在であったのか」について、冷静に、かつ共感をもって認識を深め、天皇の未来に向けてのありようを議論してみたいと思います。

ちなみに、本郷先生は、現在放映中のNHK大河ドラマ「平清盛」の時代考証を担当されているそうですので、こちらのお話も合わせて伺えるものと思います。