« 次期の『夕学五十講』に予定について | メイン | 第11回 5/31(火) 遠藤功さん »

第10回 5/27(金) 佐野元春さん

第10回 5/27(金)の講師は、ミュージシャンの佐野元春さんです。
photo_instructor_560.jpg

1980年代に青春時代を送った人間にとっては、青春のほろ苦い記憶とともに屹立する音楽の巨人です。
今回の夕学登壇にあたっては、早々にご自身のWEBサイトに紹介いただいたこともあって、あっという間に(受付初日)に満席となってしまいました。

「ミュージシャンが講演」ということに、意外だという印象をもたれる方もいらっしゃるかもしれませんが、佐野さんがここ数年「ソングライティング」という活動に注力されていることに注目しての依頼でした。

佐野さんは、次のようなメッセージをお寄せいただいています。

-これまで、流行歌の作詞や作曲というと、芸能の一環に含めて語られがちでした。
しかし、70年代に始まり今日至る、国内のソングライターたちの充実した仕事ぶりを俯瞰してみれば、「ソングライティング」は、文学や演劇など他の表現と同様、現代的なパフォーミングアーツの一環として捉えていい、一級の表現形式だと言えます。
この講演では、テーマを「ソングライティングとは何か?」として、そうした「音楽詩」表現の諸相を省察し、その意義と可能性を伝えていきたいと思います。-

人類が「文字」を使い始めたのはいつの頃なのか、まだよく分かっていませんが、およそ三千年~二千年前のことではなかったかと言われています。しかし、芸術の一形式としての「詩」は、文字の読み書きよりも先に存在していたと聞いています。

ギリシャ時代にも、そして古代中国においても、「詩」を読むことは知識人に求められる教養でありました。
日本でも、戦前までは多くの人々が、事ある毎に漢詩や短歌を詠んだと言われています。

佐野さんの言葉を借りれば、現代社会において、その役割を担っているのは、ソングライター達の作詞活動ではないでしょうか。
かつて、文学者や演劇人・映画人が、その時代の風と匂いを小説や劇作・映画に載せて表現してきたのと同じ文化的な意味が、「ソングライティング」にはあると確信しているようです。

5/27 (金)  「共感伝達としての「音楽」と「言葉」」 佐野 元春氏

このエントリーのURI(リンク用タグ付き)

 

トラックバックURI

コメントをどうぞ!

     

  • このエントリについて言及のないコメントは削除させていただくことがございますので、ご了承ください。
  • スパム防止のため画像認証を導入しました。「Captcha」欄に表示された画像と同じ文字・数字を指定欄にご入力ください
  •      


画像の中に見える文字を入力してください。