« グローバルワールドにおける日本 <寓話風>  リシャール・コラスさん | メイン | 『経済古典は役に立つ』竹中平蔵著 光文社新書  »

仏像は、こころの係留装置である 多川俊英さん

奈良は、行政肝入りの大イベント「平城遷都1300年祭」で盛り上がっているようだが、興福寺関係者にしてみれば、「興福寺創建1300年」の方が断然重要だそうである。
北の比叡山延暦寺と並び「南都北嶺」と評され、時々の政治権力に対して大きな影響力を発揮していた政治の寺、興福寺の面目躍如といったところか。
多川俊英さんは、興福寺を統べる貫主を20年以上務め、「興福寺創建1300年」事業を統括する立場である。世が世であれば、平家も恐れた奈良法師の総帥である。

710年、時の権力者 藤原不比等は、平城京が東に張り出した外京の地に、自身の屋敷や藤原氏の氏寺である興福寺、氏神を祀る春日大社を次々と建立した。
この地は、春日山丘陵地の先端にあり、水はけ、景観、利便性等々、全てにおいて最高の立地条件であった。

しかしながら、天平の世=奈良時代は、けっして平穏な時代ではなかった。
不比等が逝った後、藤原北家が権力を掌握するまでの一世紀近くの間は、日本史上でも稀にみる政争の時代であった。
長屋王の変、不比等の後を継いだ四兄弟の病死(天然痘)、橘諸兄の乱、藤原仲麻呂の乱、道鏡の暗躍等々、血生臭い抗争事件が相次ぎ、権力者がころころと入れ替わった時代であった。
まさに、この時代に興福寺は着々と大伽藍を整えていった。

多川貫主は、天平時代性を次の三つのキーワードで語ってくれた。

典雅」「端正」「剛勁(ごうけい)」

天平の世は、のんびり優雅な時代ではなく、スピードと成果を厳しく問われる命がけの成果主義の時代であった。

塔や堂を建立するにしても、限られた時間できっちりと仕上げなければ首が飛ぶ。興福寺の五重塔も、金堂もたった一年で建立された。いまからみると驚異的な早さだという。
仏教用語で、「速疾」という言葉も紹介してくれた。すみやかで手早いという意味だ。
天平は、実はきわめて現代的なスピード社会であったということか。

興福寺は、法相宗の大本山である。
法相宗は、別名で「唯識の教え」という。
識とは、こころを構成する要素のようなものらしい。

「唯識とは、この世のあらゆるもの(身体、物体、環境を含めて)をこころの要素に還元して考えることです」

多川貫主は、端的に説明してくれた。
あらゆる問題は、自分のこころの問題に起因していると考えることが「唯識の教え」である。
多川さんによれば、こころは、八つの要素に還元して認識できるという。前五識(眼識・耳識・鼻識・舌識・身識)=五感のようなもの。第六識=第六感的なもの。
以上の六識は、こころの表面的な部分=表面心である。
表面にかくれた無自覚的な深層部分=深層心は、第七末那(まな)識=自己愛・自己執着と、第八阿頼耶(あらや)識で構成され、無意識のうちに、人間のこころを支配するものだ。

意識と無意識の二重構造、フロイトやユング等の近代心理学が説く「こころの重層構造」を、三世紀頃に確立した「唯識の教え」では、すでに考え方の基盤に置いていたのだ。

「唯識の教え」では、第七識までを本識と呼び、具体的な行動やこころの働きを形成するとしている。いわば目に見える行為・行動の原動力になっているという考え方だ。
第八阿頼耶(あらや)識は、七つの本識のさらに奥深くにあり、行動・行為の情報を蓄積、保存するものだという。すべての情報は阿頼耶識に貯め込まれ、人柄・人格を形づくる。
そこには、正義、正直、猜疑、嫉妬等々善悪を越えたあらゆる人間の欲望が蓄積されている。人間の全情報が入ったメモリーのようなものだろうか。

始末の悪いことに、阿頼耶識は人間の身体とは別個の生命体で、人間が死ぬと、別の人間に乗り替わり蓄積を続けていく。輪廻転生していくわけだ。

私の、いまの阿頼耶識は、何千年前、何百年前の、見ず知らずの何人もの行動情報を受け継いで、いまの私の人柄・人格を形成している。
そして、いまの私の行動・行為は、何千年後、何百年後の、未知の誰かに引き継がれ、その人となりを規定していく。

原因と結果が同時に起こり、つながっていく。「因果同時論」である。
人間は、阿頼耶識の頸木から逃れ、煩悩から解き放たれるために、ひたすら祈りを捧げねばならない。それが「唯識の教え」である。

「宗教は人間に幸せをもたらすものではない。苦悩に耐える力をもたらすものである」
宗派は異なれども、かつて南直哉師が語った仏教の本質がここにあった。

さて、「興福寺創建1300年」の一環で開催した『阿修羅展』(東京・福岡)が190万人の動員を記録し、「仏像ブーム」の火付け役となった多川貫主は、仏像の意味を次のように語ってくれた。

「わたし達のこころは、いつも流動して止まない。散心にさいなまれている。仏像の造形は、散心を静かに係留してくれるひとつの道具立てである」

命がけの「速疾」を求められた天平時代、環境変化に適応できず、こころを病む人が増えている現代、同じような厳しい時代に生きねばならないからこそ、「散心から定心へ」と誘ってくれる空間と造形を、わたし達は必要としているのかもしれない。


追記:
この講演に寄せられた「明日への一言」です。

みんなの-明日への一言-ギャラリー/11月16日-多川-俊映

このエントリーのURI(リンク用タグ付き)

 

トラックバックURI

コメントをどうぞ!

     

  • このエントリについて言及のないコメントは削除させていただくことがございますので、ご了承ください。
  • スパム防止のため画像認証を導入しました。「Captcha」欄に表示された画像と同じ文字・数字を指定欄にご入力ください
  •      


画像の中に見える文字を入力してください。