講師の公私の最近のブログ記事

私事ですが、先日かなり酷い肌荒れに悩まされました。

元々肌は強い方ではなく、乾燥と摩擦・締め付けで脚に湿疹ができやすいのですが、今回は顔、特に目から下が乾燥してカピカピになり、熱まで持つように。

ムスメから指導され、風呂上がりや朝の洗顔後の化粧水と保湿を心がけたところ、3日程度で良くなりました。
それ以降もスキンケアの習慣は続けているわけですが、つくづく「トシとったなあ...」と痛感させられます。
視力も落ちましたし、うっかり忘れ物をすめことも...いや、これは元からでした(笑)

やはり老化は避けられない。これは厳然たる事実です。
だからこそ五木寛之さんの言うような、「下山の美学」について考える必要があるのでしょう。

しかし、すべてが下り坂かというと、それは違うと思うのです。

animal_study_inu.png

残暑お見舞い申し上げます。

シン・ゴジラ、観ましたか?
まだ観てない?

それはいけません。観に行きましょう。

さて、本日はそのゴジラとは全く関係ありません(笑)が、「ルール」というものについて。

「○○してはいけない」から、「○○してもよい」、あるいは「○○しなければならない」まで、私たちの周りには様々なルールがあります。

それは法律のような明文化され、必ず守らなければならない(と一般的に言われている)もの、そして明文化はされていなくても、守ることが「当たり前」とされている暗黙のルールもあります。

ルール、つまり「決まり事」は面倒なものですが、やはり社会の秩序という点で、こうしたルールはなくてはならないものです。

実は先日、この「ルール」について、「確かに!」と思わされることがありました。

それはムスメのこんな言葉から始まったのです。

「今日はお酒飲んじゃダメよ」

rule.jpg

ここ最近、様々なニュースが世間を騒がせています。

このブログでニュースを取り上げるとき、いつもはひとつを選んで深掘りしていますが、本日はちょっと趣向を変え、様々なニュースを私なりに「こう読み、こう考えた」というスタイルで解説してみたいと思います。

取り上げるのは、保守分裂+野党相乗りの中で、結局は自民党への推薦を取り下げた小池百合子氏が当選した「東京都知事選」。

そしてブームというより、もはや狂想曲とも言える「ポケモンGO」。

最後に、あの「ファインディング・ドリー」を押さえて動員トップとなった、映画「シン・ゴジラ」です。

それぞれ私なりの解釈をシンプルに述べた後、この3つのトピックスから見えてくることについて、解説してみたいと思います。

では、まずは都知事選からいきましょう。

筋トレのススメ


Life Hack, 講師の公私

ここのところ、ちょっと硬めのエントリーが続いたので、今回は少し柔らかめ。

しかし多くの方が気になるテーマである「ダイエット」を取り上げます。

「それ、以前も読んだけど」という方もいらっしゃるでしょう。
しかし、その時は概略だけでした。
最近、自身の経験を話すときに、「もっと詳しく」と言われる機会も多いため、ここでまとめておこうと思った次第。

テーマはスバリ、「筋トレ」です。

またまたここで「あれ? 食事制限のことじゃなくて?」と思われるでしょうか。
確かに食事はダイエットに重要です。というか、「ダイエット」とは元々食事そのものを意味しますし、転じて食事制限も意味するようになったのです。

しかし一般的に日本では「(体重の)減量」や「(体型の)スリム化」の意味で「ダイエット」という言葉が使われます。
そしてその意味において、食事制限「だけ」のダイエットは、私はオススメしないからです。

dumbbell_man.png

本日はエイプリルフール。

様々な企業が、Webサイトを使って趣向を凝らした「ウソ」を発信しています。
個人的には、「映画.com」に金メダルをあげたい...と思っていたのですが、内容が「ジョークにしてもふざけすぎ」と批判され、今見たら削除されていました。
(※どうしても見たい方はネットで探してください)

さて、エイプリルフールのネタに「笑った」り、「びっくりぽん」と驚いたりするのと同様に、私たちは様々な商品・サービス、そして人や組織の活動や自分が置かれた状況などに、「満足」したり、しなかったりしています。

しかし、そもそもこの「満足」とは何なのでしょうか?
そして満足したりしなかったりする、とはどういうことなのでしょうか?

本日はそれを考えてみたいと思います。

プロフィール

桑畑 幸博

慶應丸の内シティキャンパスシニアコンサルタント。
大手ITベンダーにてシステムインテグレーションやグループウェアコンサルティング等に携わる。社内プロジェクトでコラボレーション支援の研究を行い、論旨・論点・論脈を図解しながら会議を行う手法「コラジェクタ®」を開発。現在は慶應丸の内シティキャンパス で専任講師を務める。また、ビジネス誌の図解特集におけるコメンテイターや外部セミナーでの講師、シンポジウムにおけるファシリテーター等の活動も積極的に行っている。コンピューター利用教育協議会(CIEC)、日本ファシリテーション協会(FAJ)会員。

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

月別 アーカイブ

著書

Twitter