講師の公私の最近のブログ記事

まず、今回の西日本大水害でお亡くなりになった方々に哀悼の意を表したいと思います。
そして、避難生活や復旧活動を歯を食いしばって頑張られている方々、負けないでください。
私も、寄付などを通して微力ながらお力になれればと思います。

さて、今回の水害。
私も巻き込まれた一人でした。

もちろん地元の方々などとは比べることのできない、ほんの小さな苦しみではありましたが、それでも今までにはない経験でした。

今回は、私のその経験を踏まえ、「即決すること」の重要性についてお話ししてみようと思います。

sokketsu2.png

ゴールデンウイークも明日から後半戦。昨日と今日もお休みで、海外に行かれている方も多いかもしれません。

私事ですが、先月28日の土曜日に足をくじいてしまい、今も腫れと痛みが引きません。
連休前半はほとんど自宅で過ごすことになり、筋トレにも行けない有様。近所に映画や買い物などで少しだけ外出しましたが、歩行スピードは従来の1/2。早足の自分としてはなかなかストレスフルな日々です。

そんなわけで録画していたアニメや映画を見る時間が必然的に長くなっているのですが、今、我が家でヘビーローテーションされているアニメが『学園ベビーシッターズ』。

今年の1月~3月でオンエアされていた作品ですが、とにかくほっこり癒やされます。
あまりアニメを観ない妻もハマり、原作の漫画を全巻揃えてしまいました(笑)

その登場人物の一人に、主人公兄弟を引き取る学園理事長の秘書を務める「犀川(さいかわ)さん」がいます。

実は、本日はこの犀川さんの行動を見ていて気づいた「マーケティングのキーワード」についてお話ししたいと思うのです。

job_shitsuji.png

あけましておめでとうございます。

と言うには、さすがに遅すぎますね。
さて、2018年最初のエントリーですが、「新年の抱負」について。

私は昨年の抱負として「継続」を掲げました。

自身の専門領域については、あえて新しいことにチャレンジせず、既存のフィールドでより広く情報を求め、そして深掘りする。
そうしてコンテンツを地道にブラッシュアップしてきました。

また、ダイエットは一段落したので、より代謝の良いカラダをつくるために、筋トレを続けてきました。

これらの「継続」は一定の成果を上げており、2017年の抱負、というか活動コンセプトは、振り返るにまずまず満足できる結果だと考えています。

そして今年、2018年の活動コンセプト。

私は「気」を大事にしたいと思っています。

3i.jpg

2017年も暮れようとしています。
私の職場でもさきほど納会があり、ちょっと酔っ払ってこれを書いています(笑)

さて、今年最後のエントリー。
あまり堅い話をしてもなんなので、私なりの「アンチエイジング」の話など。

特に私と同じ「オーバーフィフティ」の男性向けに。
メッセージはずばり、

「50過ぎたら、意識して筋トレとスキンケアをしましょう」

です。

anti_a.jpgのサムネイル画像

今回も前回・前々回と同様、参加したイベントの感想です。

先月末の話になりますが、東京モーターショーに行ってきました。
自分がクルマ好きということもあるのですが、自動車産業の現状と今後を占う意味でも、この場はとても大切だからです。

まず、傘下の部品メーカーなども含め、自動車産業は日本の基幹産業であるという点。
グローバル市場としても大きく、そして日本企業が「勝てる」分野はクルマだけ、と言っても過言ではありません。

そして今、自動車産業は100年に1度の変革期であるという点。
ハイブリッドからEV、燃料電池というパワートレインの進化、そして自動運転技術をはじめとするICTによる市場のデジタルトランスフォーメーションは、全てのビジネスパーソンが注目すべきでしょう。

DSC_0029.JPG

プロフィール

桑畑 幸博

慶應丸の内シティキャンパスシニアコンサルタント。
大手ITベンダーにてシステムインテグレーションやグループウェアコンサルティング等に携わる。社内プロジェクトでコラボレーション支援の研究を行い、論旨・論点・論脈を図解しながら会議を行う手法「コラジェクタ®」を開発。現在は慶應丸の内シティキャンパスで専任講師を務める。また、ビジネス誌の図解特集におけるコメンテイターや外部セミナーでの講師、シンポジウムにおけるファシリテーター等の活動も積極的に行っている。コンピューター利用教育協議会(CIEC)、日本ファシリテーション協会(FAJ)会員。

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別 アーカイブ

著書

Twitter