2021年9月アーカイブ

本日のテーマは「なぜ独創的なアイデアを出すのは難しいか」。

「イノベーション」が必要だ、と言われて久しいですが、そこで必要になってくるのは「独創的なアイデア」。

今まで誰も思いつかなかった、というのは難しくとも、「日本企業では」「業界では」「社内では」誰も思いつかなかったようなアイデアが出せなければ、イノベーションなど絵に描いた餅になってしまいます。

また、イノベーションとまで行かなくとも、自社として、またひとりの人材としての「差別化」のためにも、独創的なアイデアを組織として、そして個人として出せるようになりたいものです。

ここでは特に「人材」にフォーカスし、「なぜ独創的なアイデアが発想できないのか」、
そして「ではどうしたら独創的なアイデアが出せるようになるのか」を考えてみたいと思います。

why001.jpg

プロフィール

桑畑 幸博

慶應丸の内シティキャンパスシニアコンサルタント。
大手ITベンダーにてシステムインテグレーションやグループウェアコンサルティング等に携わる。社内プロジェクトでコラボレーション支援の研究を行い、論旨・論点・論脈を図解しながら会議を行う手法「コラジェクタ®」を開発。現在は慶應丸の内シティキャンパスで専任講師を務める。また、ビジネス誌の図解特集におけるコメンテイターや外部セミナーでの講師、シンポジウムにおけるファシリテーター等の活動も積極的に行っている。コンピューター利用教育協議会(CIEC)、日本ファシリテーション協会(FAJ)会員。

2021年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ

著書

Twitter