"オーバーフィフティ"の方々へ


3分間ラーニング, 講師の公私

2017年も暮れようとしています。
私の職場でもさきほど納会があり、ちょっと酔っ払ってこれを書いています(笑)

さて、今年最後のエントリー。
あまり堅い話をしてもなんなので、私なりの「アンチエイジング」の話など。

特に私と同じ「オーバーフィフティ」の男性向けに。
メッセージはずばり、

「50過ぎたら、意識して筋トレとスキンケアをしましょう」

です。

anti_a.jpgのサムネイル画像





年をとるのは悪いことではありません。
というか避けられないことであり、「いつまでも若いままで」とはいきません。

とは言え、
・しょぼくれたオッサン
・ブクブク太ったみっともないオッサン
・じじむさいオッサン
に「なりたい」という人はいないでしょう。

別に異性にもてたいわけではない。
それでも「見栄え」はやはり大切です。
「自己管理ができているかどうか」は、仕事の評価にも繋がってくるわけですから。

特に「オーバーフィフティ」は、ガクっと体力が落ちます。
そればかりか、髪は細くなり、肌にもシミが目立つようになります。



そこで重要なのが、「筋トレ」と「スキンケア」です。

筋トレについてはここでも何度か語っていますが、加齢によって自然と筋力は落ちますから、少なくとも「筋力を維持する」ためにも、筋トレは必須なのです。

別にマッチョになるとか、腹筋を割る必要は無いのです。

たるんだお腹が気になるのなら、まずは背筋と太ももの筋肉を鍛えましょう。
腹筋はやらなくても問題ないです。
背筋と太ももという「大きな筋肉」を鍛えることで代謝が上がり、太りにくいカラダになります。

さらに言えば、年取って腰が曲がるのは背筋が衰えるためと言われています。
20年たってもカクシャクとしていたいなら、背筋と太ももです!

詳しい鍛え方は...ググってください(笑)
個人的には、やはりジムでトレーナーさんに習うのをオススメします。

そして見栄えを気にする方は、ある程度背筋と太ももが鍛えられたら、胸と肩、そして腕の筋トレを取り入れましょう。

無理は禁物ですが、重めのダンベル使ったトレーニングが効果的です。
大胸筋が自分の意思で動かせるようになると、ちょっと気持ちいいですよ。(端から見るとキモいことこの上ないですが(笑))

そうそう、ダイエットも目的なら、やはりある程度の食事制限も必要です。
忙しいビジネスパーソンは、筋トレ「だけ」でやせるのは無理ですから。

私は最初は「一日一食だけ主食抜き」でスタートし、今は「ご飯少なめ」くらいに戻してます。
最大で体重はピークから18kg落としましたが、そこから1~2kg意識的に戻しました。

というのも、あまりやせると今度は免疫力が低下し、病気にかかりやすくなるからです。
ムキムキのボディビルダーが体が弱いのは常識ですから。

50過ぎの男性なら、体脂肪率は10%は切らないようにしましょう。
やせて見栄えがよくなっても、病気がちになったら元も子もありませんから。



そして「スキンケア」。

私が気にするようになったのは、ムスメに勧められてからでした。

ムスメの説明で「肌に水分を補給する化粧水」と「保湿のための乳液/クリーム」の重要性がロジカルに理解できました。

以前はシーブリーズを頭と体全てに使ってましたが、使い分けるようになりました。
洗顔も洗浄力高杉のものから変え、タオルで拭くのもゴシゴシこすらないようにしました。
そして洗顔後は化粧水をじっくりなじませ、乳液で「ふたをする」ようにしました。

これを何ヶ月か続けていると、明らかに肌の調子が好転しました。
特に今の季節、昨年も乾燥して荒れた肌になることもありましたが、今年は全くそんなこともありません。

また、肌の張りも良くなり、心なしかシミも少し薄くなったような。

若い頃と違い、オトコとは言えお肌もちゃんとケアしないと、やはり「みっともないオッサン」になってしまうことを痛感しました。

また遅くありません。
オーバーフィフティの方々、来年は「カラダとお肌」のケアを真剣にやってみませんか?



さて、今年もお世話になりました。
何人くらいの方がご覧になっているかわかりませんが、おつきあい、ありがとうございました。

2018年もまた、宜しくお願いします。

では、良いお年を!


プロフィール

桑畑 幸博

慶應丸の内シティキャンパスシニアコンサルタント。
大手ITベンダーにてシステムインテグレーションやグループウェアコンサルティング等に携わる。社内プロジェクトでコラボレーション支援の研究を行い、論旨・論点・論脈を図解しながら会議を行う手法「コラジェクタ®」を開発。現在は慶應丸の内シティキャンパス で専任講師を務める。また、ビジネス誌の図解特集におけるコメンテイターや外部セミナーでの講師、シンポジウムにおけるファシリテーター等の活動も積極的に行っている。コンピューター利用教育協議会(CIEC)、日本ファシリテーション協会(FAJ)会員。

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ

著書

Twitter