2017年7月アーカイブ

大変ご無沙汰しておりました。約1ヶ月ぶりのエントリーです。

出張続きと新著の構想で、ちょっとブログまで手が回らなくて...
というのは言い訳ですね。すいません。

さて、本日は"暗黙知"と"形式知"について。

一般的には、

暗黙知:
経験や勘に基づく属人的な知識のことで、他人にはうまく説明できない。

形式知:
文章や図、数字などによって客観的にとらえられる知識のことで、他人に説明し、共有することができる。

と定義されます。

keisikiti.jpg

プロフィール

桑畑 幸博

慶應丸の内シティキャンパスシニアコンサルタント。
大手ITベンダーにてシステムインテグレーションやグループウェアコンサルティング等に携わる。社内プロジェクトでコラボレーション支援の研究を行い、論旨・論点・論脈を図解しながら会議を行う手法「コラジェクタ®」を開発。現在は慶應丸の内シティキャンパスで専任講師を務める。また、ビジネス誌の図解特集におけるコメンテイターや外部セミナーでの講師、シンポジウムにおけるファシリテーター等の活動も積極的に行っている。コンピューター利用教育協議会(CIEC)、日本ファシリテーション協会(FAJ)会員。

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別 アーカイブ

著書

Twitter