「巻き込みやすい環境」をつくる


3分間ラーニング

先週、MCCで『周りを「巻き込む」方法論について考える』という特別セミナーを開催しました。

第1部では私から「巻き込むスキルの重要性」について、話題提供をさせていただき、第2部では私のファシリテーションで、ワールドカフェ形式で本テーマについてダイアローグしていただきました。

私自身も気づきの多いイベントになりましたが、特に考えさせられたのが、私が専門とする様々なスキルを活かすための、「巻き込みやすい環境づくり」の必要性です。

本日は、それを私の備忘録も兼ねてお話しさせていただきます。



どんなに巻き込むべき相手を見極め、その人から共感を得、そして筋道立てて説明して納得してもらう。
やはりこうしたスキルがないと、よっぽどの大物か人格者でもなければ、周りを巻き込んで「やりたいこと/やるべきこと」をなし遂げるのは骨が折れます。

しかしどんなにスキルを磨いても、それを「活かす」環境がなければ、宝の持ち腐れです。
では、このスキルを活かす「巻き込みやすい環境」はどうしたらつくることができるのか。

私としては、これは「組織としての取り組み」と「個人としての取り組み」に分けて考えることができると思います。



1. 組織としての取り組み

これは組織の中に、「巻き込みやすい文化」をつくると言ってもよいでしょう。

ワールドカフェでは、運動会や社員旅行によって組織構成員の交流をはかるといった、具体的取り組みがそれに当たるとの意見が出ていました。
確かにこうした取り組みは、「組織の一体感を高める」という効果と、さらに「様々な人を知る」という効果が期待できます。

また、「他部署へのお節介や、組織の枠を越えた活動」を組織的に進めることも有効でしょう。
googleの「20%タイム」などは、それに近い取り組みと言えます。

そしてこれらを支える仕組みとして、社内に何を得意とする人材がいるのかをデータベース化した、いわゆる「Know How」でなく「Know Who」のシステムも、やはり「巻き込みやすい環境づくり」には有効だと考えます。



2. 個人としての取り組み

では、個人レベルでこの「巻き込みやすい環境をつくる」ためにできることはなんでしょうか。

すぐ思いつくのは、「社内に顔を売る」ことかもしれません。
この「組織内のネットワークづくり」は、効率的に誰かを巻き込むために、個人レベルでも日常から意識するとよいでしょう。

社内での各種説明会など、様々なイベントに顔を出し、部門外の人と知り合いになる。
同期のネットワークなども活用すれば、意識的にこうした社内人脈を構築することが可能です。

そしてこれも自分なりのデータベース化、つまり「社内人脈マップ」をつくっておけけば、いざというときに活用できますし、これを使って他の人の仕事にも貢献できれば、今度は自分が何かやるときに力になってもらえるかもしれません。

そして今回のワールドカフェでは、それに加え「情報発信」という意見も出ました。

ネットの記事やブログ、また自分が参加したセミナーなど、仕事に有効だと思われる情報を、メールやSNSを使って発信する。

これを継続することで、周りに「この人と付き合うのは自分にとってプラス」という意識を持ってもらうのです。

それは確実に、いざというときに頼りになる人達を増やすことになるでしょう。

まさに以前このブログでもお話しした、仕事における『キュレーター』を目指そうということです。

このように、個人としてもできることはたくさんある。

組織的な取り組みと併せて、私ももう少し考えてみたいと思います。

プロフィール

桑畑 幸博

慶應丸の内シティキャンパスシニアコンサルタント。
大手ITベンダーにてシステムインテグレーションやグループウェアコンサルティング等に携わる。社内プロジェクトでコラボレーション支援の研究を行い、論旨・論点・論脈を図解しながら会議を行う手法「コラジェクタ®」を開発。現在は慶應丸の内シティキャンパス で専任講師を務める。また、ビジネス誌の図解特集におけるコメンテイターや外部セミナーでの講師、シンポジウムにおけるファシリテーター等の活動も積極的に行っている。コンピューター利用教育協議会(CIEC)、日本ファシリテーション協会(FAJ)会員。

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

著書

Twitter