「この人を支えてあげたい」と思わせるリーダーシップ


3分間ラーニング

 「リーダーシップには様々なスタイルがある」

当たり前と言えば当たり前のことであり、私自身も職業柄知識として、そして経験則としてもわかってはいたのですが、今さらながら実感させられました。

ある打合せの後の飲み会で、仲間からある人の話を聞かされたからです。

その人を仮に『Aさん』と呼びましょう。

Aさんの周りには人が集まります。
若い人達からも慕われています。

彼を中心にイベントなど様々な企画が生まれ、その場でも彼は中心にいます。
紛うことなく、彼は『リーダー』です。

しかし、彼の周りに集まる人々は口を揃えて言うそうです。

「Aさんの将来が心配だ」と。

フォロワーからこう言われるリーダーって?(笑)




確かにリーダーには様々なタイプがあります。

■優秀で憧れの存在であり、「俺についてこい」と背中で引っ張るタイプ。
■面倒見が良く、人のやる気を引き出すのが抜群に上手いタイプ。
■寡黙だが権限を委譲し、しかし全責任は負うことで信頼を勝ち取るタイプ。
■アメとムチを使い分け、計算ずくで成果を出すタイプ。

世の中で「すごい」と言われているリーダーを何人か思い浮かべるだけで、このように様々なリーダーのタイプがあることがわかります。

最近では所謂「リーダー然」とした指示・命令を中心としたスタイルでなく、メンバーが動きやすいように支援することに徹し、コミュニケーションを重んじる『サーバント・リーダー』の必要性が語られるようになっています。
『ファシリタティブ・リーダー』などもほぼ同じ概念と言って良いでしょう。



しかし、これら様々なリーダーのスタイルには共通点があります。

それは多くの人から「この人のようになりたい」と思わせるということ。

では、Aさんは?
Aさんには大変申し訳ないのですが、「彼のようなリーダーになりたい」という人がそうそういるとは思えません。



そう考えたからこそ、私は今さらながら「様々な(未知の)スタイルがある」となかば衝撃を受けたのです。

しかし考えてみれば、このAさんのようなスタイルも間違いなく「アリ」です。

実際彼の周りに人は集まり、共同で成果を出し、チームのメンバーである若い人達は成長しているからです。
「Aさんの将来が心配だ」と言われようが、たとえ少々頼りなかろうが、彼はリーダーとして結果を出しているのです。

そう考えていたら、もうひとりの人物(仮にBさんとします)を思い出しました。

Bさんは私のファシリテーション講座の参加者だったのですが、お世辞にも上手なファシリテーターではありませんでした。

出てきた意見を整理するのも、また他者から意見を引き出すにも苦労しています。
しばしば議論が止まり、「どうしたらええんやろう」と途方に暮れる一幕も。

しかしなぜか話がまとまるのです。

議論のメンバーが助け船を出すことによって。

途中で少し停滞しても、みんながBさんに協力し、自分達で進め方を考え、議論を活性化させ、そして結論まで持って行くのです。

その光景は半ば感動的ですらありました。
同じメンバーで他の人がファシリテーターを務めた時より、良い議論を行い、そして良い結論を導き出せたのですから。

その時私は、「これもまた優秀なファシリテーターのひとつの形」と考えたのですが、Aさんのリーダーシップのスタイルと相通じるものがあるのではないでしょうか。

では、Aさんのリーダーシップ、そしてBさんのファシリテーションの共通点は何でしょう。

私は、それは『この人を支えてあげたい』と思わせる力だと考えます。

「この人は何か危なっかしいし、頼りない」
「でも、何かこの人を支えてあげたくなる」
「この人に協力したい。この人をオトコにしてあげたい」

なんと得な、ある意味楽なリーダーシップ・スタイルでしょう!(笑)



しかし、だからといって「誰でも真似が出来る」スタイルでないことも確かです。

では、この『壊れそうなお神輿型』リーダーシップ(すいません、今とっさに思いついただけです)の要件は何でしょう。

やはりなんと言っても『誠実さとオープンマインド』が絶対条件です。
嘘を言わない。取り繕わない。
裏表無く、まっすぐに人にも問題にも向かい合うその誠実さが、フォロワーに絶対的な安心感を与えます。
そしてわからないことは「わからない」、できないことは「できない」と言い、「だから力を貸してほしい」と胸を広げる。
そこには妙なプライドなど存在せず、変に格好をつけることもしない。
これで「まかせとけ!」という気にならない人の方が少ないでしょう。

この背景には『自らを知る』ことがあります。
自分の力量を知り、だからこそ人の力を束ねようとする。

その根底には「みんなで成果を出そう」という『強いコラボレーションへの意志』、そして「みんなのために」という『利他主義』も彼を支えているはずです。

一見頼りなさそうに見えて、なんという『強いリーダー』なのでしょう。



正直言って私には無理です(笑)

プロフィール

桑畑 幸博

慶應丸の内シティキャンパスシニアコンサルタント。
大手ITベンダーにてシステムインテグレーションやグループウェアコンサルティング等に携わる。社内プロジェクトでコラボレーション支援の研究を行い、論旨・論点・論脈を図解しながら会議を行う手法「コラジェクタ®」を開発。現在は慶應丸の内シティキャンパスで専任講師を務める。また、ビジネス誌の図解特集におけるコメンテイターや外部セミナーでの講師、シンポジウムにおけるファシリテーター等の活動も積極的に行っている。コンピューター利用教育協議会(CIEC)、日本ファシリテーション協会(FAJ)会員。

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ

著書

Twitter