2012年1月アーカイブ

先週に引き続き、「主観的かつ感覚的(つまり直感的)に考えるだけでなく、時には徹底的に相対化して考える」ことについてお話ししてみようと思います。

前回はまず「直感の源泉にさかのぼってみよう」ということで、直感的に答を出したとしても「自分の直感の拠り所は何か」「それはどのような知識と経験から形成されたのか」「その知識と経験は今でも通用するのか」を考えてみよう、という提案をさせていただきました。

それによって自分自身の『考え方の癖(傾向)』や『自分に足りない知識と経験』が明確になり、そして『直感の精度を高めるためにすべきこと』が見えてくるからです。

ということで、今回は「時には明確な比較対象を設定して考えてみよう」という提案です。

『相対評価』と『絶対評価』という表現があります。

ご存じの通り前者は「何かと比較して善し悪しなどを判断すること」であり、後者は「比較対象なしに善し悪しなどを判断すること」です。

「この商品はあれより機能が劣るなあ」が相対評価。
「この商品はいいねえ。気に入った」などが絶対評価の一例でしょう。

しかし、ちょっと考えてみてください。

「真の絶対評価」など、存在するのでしょうか?

あけましておめでとうございます。

と言っても本日はもう1月6日。松の内も過ぎてこのあいさつは遅すぎですね(笑)

さて、皆さんお正月はどう過ごされましたか?
私は12月28日から昨日1月5日まで、郷里の宮崎に帰省しました。
1週間以上の帰省は本当に久しぶりでしたが、心身ともにリフレッシュすることができました。

実は今回の帰省中、1度もネットにアクセスしませんでした。
田舎で実家にLAN環境がないとはいえ、スマホを使えばPCとほぼ遜色のないネットライフは送れるのですが、あえて今回はtwitterにもfacebookにも繋がず、ネットとは無縁の生活をしてみました。

なにか大きな意図があったわけではありません。「たまにはそういうのもいいか」程度の軽い気持ちだったのですが、その8日間を振り返ってみることは私にとって『情報』について考えるきっかけになったのです。

なにしろ1週間以上もネットを離れていて、「何の支障もなかった」のですから。

プロフィール

桑畑 幸博

慶應丸の内シティキャンパスシニアコンサルタント。
大手ITベンダーにてシステムインテグレーションやグループウェアコンサルティング等に携わる。社内プロジェクトでコラボレーション支援の研究を行い、論旨・論点・論脈を図解しながら会議を行う手法「コラジェクタ®」を開発。現在は慶應丸の内シティキャンパス で専任講師を務める。また、ビジネス誌の図解特集におけるコメンテイターや外部セミナーでの講師、シンポジウムにおけるファシリテーター等の活動も積極的に行っている。コンピューター利用教育協議会(CIEC)、日本ファシリテーション協会(FAJ)会員。

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

著書

Twitter