2011年3月アーカイブ

こんな時期にどのような内容をブログに書くか、正直悩みました。

本ブログのタイトル通り、ビジネス・スキルについて書こうかとも思いました。
しかし不謹慎かどうかということでなく、私自身の精神状態がそれにブレーキをかけました。

そしてたどり着いたのが、「ビジネスパーソンの方々に自信を持ってもらうことを語る」ことでした。
それが社会人教育の講師としてお役に立てることのように思えたからです。

ただの自己満足かもしれません。
しかし私は今回お話しする内容に自信を持っています。

今回の震災は我が国に、そして国民一人一人に試練と呼ぶにはあまりにも過酷な現実を生みました。

しかし日本は大丈夫です。
逆にこれをきっかけに私たちはまた一段上に登れると考えています。

「日はまた昇る」

その根拠は3つあります。

東日本大震災、たいへんな事態になっています。

被災された皆様にはかける言葉も見つかりません。また、亡くなられた皆様のご冥福をお祈りします。

私自身、および家族や職場は幸いなことに大きな被害もなく、平常通りとはいきませんが無事にこうして出勤し、ブログを書かせていただいています。

さて、このような大事において私にできることは何か。
やはりそれは「考え方の道筋を指し示すこと」だと考えました。

(1)流言飛語に惑わされないこと。
(2)冷静に考えること。
(3)適切な行動を取ること。

以下、少しでも皆さんが考える助けになれば・・・

プロフィール

桑畑 幸博

慶應丸の内シティキャンパスシニアコンサルタント。
大手ITベンダーにてシステムインテグレーションやグループウェアコンサルティング等に携わる。社内プロジェクトでコラボレーション支援の研究を行い、論旨・論点・論脈を図解しながら会議を行う手法「コラジェクタ®」を開発。現在は慶應丸の内シティキャンパス で専任講師を務める。また、ビジネス誌の図解特集におけるコメンテイターや外部セミナーでの講師、シンポジウムにおけるファシリテーター等の活動も積極的に行っている。コンピューター利用教育協議会(CIEC)、日本ファシリテーション協会(FAJ)会員。

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

著書

Twitter