2008年12月18日 3分間ラーニング

大企業病の具体的症状

先日ある異業種2社合同での研修を行いました。

テーマは企画提案力の向上だったのですが、異業種交流型の研修ということで、2社のコラボレーションを経験することでどれだけ刺激を受けるか、自社の強みと弱みに気づくか、も研修の重要なねらいでした。

2日間に渡る研修の最後に振り返りを行いました。

●2社の従業員や風土の共通点は何か?
●2社の相違点は何か? それは何に起因するのか?

以上のポイントで考えていただいたのですが、なかなか興味深い意見が出てきました。

「沿革の違いもあって大事にするものが違う。それが微妙な考え方の違いとして出ていた」

「両社とも元はベンチャーということで、積極性や人当たりの良さは共通していた」

「ただ、もっと斬新な企画アウトプットが作れたはずで、両社ともにベンチャースピリットが薄れてきているのではないか? 大企業病に罹りつつあるのでは?」


そこで最後に私がお話しさせていただいたのが、

「3トリ症候群に気をつけましょう」

でした。



さて、大企業病の具体的症状である、この「3トリ症候群」。
読み方は「さんとりしょうこうぐん」ですが、もちろん某飲料メーカーとは何の関係もありません(笑)

実はこの3トリとは

◆トリあえず
◆トリいそぎ
◆トリつくろう

の意味なのです。

仕事はたくさんある。でも長年の蓄積でパターン化されているし、ルーティンワーク化しているものも多い。

そうすると、あまり広く・深く考えなくてもなんとかなってしまう。
大企業であれば責任も分散されているし。

ということで、

「とりあえずこんな感じでいいんじゃない?」
「他にもやることあるし、スピードも大事だから取り急ぎやってみました」
「まあ突っ込まれてもどうにでも取り繕えるよ」

という仕事のやり方が染みつき、蔓延してしまうのです。

まさに大企業病の典型的症状。
「仕事をこなす」ことに追われる大企業の方々が陥りやすい習慣と言えるでしょう。


皆さんも胸に手を当てて考えてみてください。


「とりあえず」ってよく言ってませんか?

「取り急ぎ」でやっつけ仕事になってませんか?

そのやっつけ仕事を、経験を生かしてうまく「取り繕って」いませんか?


3トリ症候群は確かにひとつの処世術かもしれません。

しかし、これは「目先がなんとかなれば良い」という思考の現れでもあると思うのです。

自分と組織の「未来」のために、少しずつでもこの悪習慣を変えていきませんか?