2008年12月 5日 3分間ラーニング, ニュースの切り口

その技術は誰のために?

本年7月の金融庁の発表によると、金融機関におけるキャッシュカードの生体認証(指紋・虹彩・血管の形などによる個人識別)システムは、対応ATMの普及率が33.2%で、カードそのものは3.1%だそうです。

このデータから、皆さんは何を考えますか?

「へえ、端末は意外と普及してるんだ」と思われたかもしれません。
「カードの普及は・・・こんなものなんじゃないの?」と考えられた方もいるでしょう。

本件、金融庁としては「カードの普及が遅れているとはどういうことだ!」というスタンスのようです。
そしてカードの普及が進まない原因には、「ユーザーのセキュリティに対する意識が低い」という見解を示しています。

様々な犯罪にキャッシュカードが悪用されているにも関わらず、「自分は大丈夫」と考えている。
そのために一生変わらない、そして他人は誰も使えないパスワードを提供する生体認証システムの普及を進めてきた。

それなのになんだこのカード普及率は?

国民のセキュリティに対する意識が低すぎる!


さて皆さん、この論理展開に納得できますか?

できないですよね。論理に穴がいくつもあるし、論理の飛躍もあるし。
まあ、「上から目線が気に入らないから」という方もいるかもしれませんが(笑)


ではいつものように(笑)

「分けて」考えてみましょうか。



このデータから問題を定義するなら、

「生体認証カードの普及が進まない」でいいでしょう。

さて、この原因は「新規契約者の利用率が低い?」と「従来カード利用者の切り替え率が低い?」に分けて考えることができます。
もちろん別の分け方、つまり切り口もありますが、この分け方でモレ・ダブリはないはずです。
これ以降を同様に分けていくと、以下のようなツリー構造になります。

--------------------------------------------------------------
◇新規契約者の利用率が低い?
  ●金融機関が積極的でない?
    ・コストがかかるから?
    ・対応端末が少ないから?
  ●契約者が嫌がる?
    ・生体情報の登録が面倒くさいから?
    ・別のリスクを気にしているから?
◇従来カード利用者の切り替え率が低い?
  ●存在を知らない人が多い?
    ・金融機関の周知が足りない?
    ・國や自治体での周知が足りない?
  ●知っていても使わない人が多い?
    ・必要性を感じていない?
    ・切り替えが面倒くさい?
--------------------------------------------------------------

どうでしょう。

こうして段階的に分けることで、生体認証カードが普及していない様々な原因が見えてきます。

そうすると、単純に「ユーザーのセキュリティに対する意識が低い」と考えてしまうのは危険であることがわかるはずです。

生体認証という「技術があるからどこかで使う」という考えにも問題がありそうです。

確かに生体認証カードは、ユーザーにとって「自分を守る」というメリットがあります。
しかし「面倒くさい」というデメリットがあるのも事実。
このメリットとデメリットを天秤にかけ、メリットが大きいと感じた時に初めてユーザーはそれを採用します。

たとえ現実にメリットが大きくても、それを「認識させる」ことができなければ、それはサプライヤー(この場合は金融庁や金融機関)の情報提供に問題があるはず。

安易にユーザーのせいにする前に、こうしてちゃんと分析すべきでしょう。


さて、今回は生体認証カードの普及率について考えたわけですが、これはあくまでも一例。

私が一番言いたいのは、こうして「分けて考える」ことの重要性です。

今後もこのブログでは、こうしてしつこく実例を挙げて考えてみたいと思います。

皆さんも様々なケースでやってみてください。

間違いなく、良い論理思考のトレーニングになりますから。