2008年7月 4日 3分間ラーニング, 講師の公私

心に届くタイミング

皆さんの中には、部下や後輩を指導することも業務のひとつ、という方も多いでしょう。また、親として我が子の指導に頭を悩ませている方もいるでしょう。

今回は、そうした部下・後輩・子供をどういうタイミングで指導するか、について考えてみたいと思います。

ひと月ほど前になりますが、我が家でこんなことがありました。

娘はその日部活のコンクールでした。
疲れて帰ってきた彼女ですが、コンクールではベストが尽くせたということで、妙にハイテンション。
「今日までどんなに大変だったか」を、私たち両親に話しています。
自分でもハイになっているのを自覚しているようで、帰宅する前、駅で同じ部の友達とかなり騒いでいたことまで、楽しそうに報告します。

そうしたら、ここで母親(私の妻でもありますが)が口を挟みました。

「駅で騒いじゃダメでしょ? 登下校中に騒がないようにって先生もおっしゃってたよね?」

娘の顔がとたんに不機嫌になります。
私は笑いながら言いました。

「ママ、それはKYだよ」



問題点を指摘することは、人(部下であろうが我が子であろうが)を育てるプロセスには必要不可欠です。

自分自身を客観視するのは難しいですから、やはり周りの人がフィードバックし、指導してあげなくてはなりません。

しかし、その指導をどのタイミングで行うか、これは実に難しい問題です。


駅で騒いでいた娘に対する母親の指導、これは完全にタイミングを間違えています。

今の娘の状態はハイテンションです。コンクールの達成感で満たされています。
両親とそれを共有したくて、彼女はしゃべり続けているのです。

この場面での“指導”は、娘の話の腰を折り、こちらの都合で論点を変えたことに他なりません。

「あなたがどんなに大変で楽しかったかなんてどうでもいい」

と言っているも同然なのです。


この場面で必要なのは、指導ではなく「共感の相づちを打ちながら聞いてあげる」、これだけです。

指導は別のタイミングでやれば良いし、第一今更「駅で騒いではいけない」と言われるような年齢でもありません。


これは我が家の、そして子育ての事例ですが、部下をお持ちのあなた、実は同じような「タイミングを誤った指導」をしていませんか?

「指導してやっている」という意識で、自分の都合のよいタイミング(思いついたから指導する)になっていませんか?
その指導は自己満足になっていませんか?

指導とは相手を成長させるために行う行為です。
「何を言うか」「どのような言い方で指導するか」は考えていても、それが相手の『心に届くタイミング』でなければ効果は期待できません。

「どのタイミングなら真摯に耳を傾けてくれるか」
「どのタイミングなら自分のこととしてとらえ、堪えるか」

相手の立場に立って、そう、以前の指導「される側」だった自分を思い出せば、おのずと『心に届くタイミング』は見極められるはずです。

このエントリーのトラックバックURL

http://www.keiomcc.net/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/842

コメント

コメントを送ってください