2007年7月21日 3分間ラーニング

「とりあえず」から「まず」へ

以前のエントリーでも書きましたが、「とりあえず」というコトバがいつも口をついて出てくるというのは、広く・深く考えずに安易に解決策を求めようとするHow思考の表面化です。

確かに問題解決のスピードは重要なのですが、思いついた解決策や成功事例としての解決策に「とりあえず」と飛びついてしまっては、ダボハゼ型の問題解決になってしまいます。

さて、以上のことから本日はこう提案させていただきます。


 「とりあえず」をNGワードに設定し、「まず」と言ってみませんか?


しかし、この「とりあえず」と「まず」、言い方が違うだけで、結局は同じように思われるかもしれません。
ですが、私はこの2つのコトバ、根本的に発言する際の意識が違っていると思うのです。

「とりあえず」と言う時って、他のアイデアが無いのではありませんか?

ひとつ思いついた、または以前から知っていた。そして他のアイデアはまだ考えてなかったり、考えるつもりがそもそもなかったり・・・

そう言う時に出てくる言葉が「とりあえず」である場合が多いはずです。

それに対して「まず」と言う時は、他のアイデアもある場合が多いはずです。
これもあるしこれもある。そして手順としてはこうした方がいいと思っている。

つまり「次に」というのも自分の中では用意できているので、「まず」と言えるのです。

ですから私は単に、『「とりあえず」と言う代わりに「まず」と言う』ことを提案しているのではありません(笑)

重要なのは、「とりあえず」ではなく、「まず」と言えるようになるために“考える”ことです。
つまり安易に思いつきを口にするのではなく、ちゃんと考えてから提案しましょう。
そうすれば「まず」と言えますよ。

・・・と言いたいのです。

自分自身のルールとして「とりあえずと言わない」ことを課す。
こうした強引とも言えるくらいの縛りを入れないと、なかなか“良い考え方の習慣”ってつかないのです。

実はこのルール。
私が自分自身に課しているルールでもあります。
今でも100%守れているわけではありませんが、これによって随分と考える癖はついたように思います。


あ。でも「とりあえずビール」にはなんら問題ないと思いますよ(笑)

このエントリーのトラックバックURL

http://www.keiomcc.net/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/675

コメント

桑畑先生お久しぶりです。
先週7/19~20日に後半のセッションも無事終了しました。
この1ヶ月と10日は自分にとって、とても有意義な時間となりました。
MBAプログラムに基づいた問題解決や発想法に関する分野がこんなにも充実し、分析手法もいろいろ応用されていることを知り刺激を受けました。
今後は、「まず」研修の復習をし、「次に」様々な分析手法に対する理解を深めていきたいと思います。

p.s 7/13日のコラムで「コラジェクタ」の説明をしていただき、ありがとうございました。
無意識→意識化するのに有効なツールであることがよくわかりました。

投稿者 宮本直毅 : 2007年7月23日 07:41

コメントを送ってください