2007年5月28日 3分間ラーニング, 名言アーカイブ

プロフェッショナルのキーワード『頼』

 プロフェッショナルとは?

    「次の依頼が来るってことです」
     (鈴木成一 装丁家)

先週のNHK『プロフェッショナル』は、「この人がデザインすればヒットする」とまで言われている、装丁家の鈴木成一氏が登場しました。

冒頭のヒトコトは番組のラスト、撮影スタッフからの問いに答えたものです。

「次の依頼が来る」ということは、仕事の評判を聞きつけて「ウチもお願いします」という新規オーダーが来るというケースもありますが、それにしてもまずは以前の依頼元から、「またお願いします」というリピートオーダーが来るのが前提となるでしょう。

私はこの「次の依頼」、全ての仕事において“プロ”を定義した、ひとつの真理であると感じましたし、自分自身の仕事をこの言葉で振り返ると、身の引き締まる思いでした。

さらに鈴木氏は、「頼まれるからやる」というのを基本スタンスとしています。
これは別に傲慢という意味ではなく、「相手の期待と信頼にこたえる」ことがプロとしての前提条件だと考えていることの表れです。

さて、私は鈴木氏の発言を聞いていて、ひとつの共通点を見つけました。

それが『頼』という文字です。
訓読みすれば、「たよ(る)」「たの(む)」となるこの文字こそ、プロフェッショナルのキーワードではないでしょうか。

『信頼』の類義語に『信用』がありますが、後者が「信じて用いる」という上下関係をニュアンスとして含むのに対し、前者は「信じて頼る(頼む)」という対等な関係を見ることができます。

「頼られて、頼まれてこそプロ」と言えるのではないでしょうか。


加えて鈴木氏は、「自己表現なんて考えてませんよ」とまで断言します。
装丁家という“アーティスト”であるにも関わらず。

私はそこに、「自分の評価を決めるのは他者であり、自己満足はプロとしてタブー」という姿勢とメッセージを感じます。
ここまで自分に厳しいからこそ、プロとして信頼され、依頼が次々に来るのでしょう。

私は講師という別の畑の人間ですが、プロとしての今後の指針が見えてきたような気がします。

番組中、ある編集者ができあがった表紙のデザインを見て言った言葉。
私もこうした言葉をいただけるように、今後ともインストラクション・スキルとコンテンツのバージョンアップを継続していくことをここにお約束します。


「いやあ、想像通り、想像以上のものができましたね」

このエントリーのトラックバックURL

http://www.keiomcc.net/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/636

プロフェッショナルのキーワード「頼」 from リーダーのためのキャリア・デザイン・カフェ (2007年7月17日 22:13)

慶應丸の内シティキャンパス専任講師 桑畑幸博さんから伺ったお話です。 「この人がデザインすればヒットする」とまで言われている、装丁家の鈴木成一氏が登... ...

コメント

コメントを送ってください