私たちは仕事において独創的、つまり「人と違う」、できれば「誰も思いつかなかったような」発想が求められる場面があります。

具体的には、

・他社と差別化したいから
・今までのやり方ではダメだとわかっているから
・新しいことにチャレンジしたいから

など、ビジネスでは様々な「創造性が必要な場面」で独創的な発想が求められます。

しかし、「今までにないアイデアを出せ」と言われて、はたしてどれだけの人がそれができるでしょうか。
「そんなこと言われてもなあ...」というのが現実です。

しかしなぜ、独創的な発想が難しいのでしょうか。
単に「センスや才能がないから」で片付けて良いのでしょうか。

idea.jpg

皆さんあけましておめでとうございます。
あっという間の2022年が終わり、2023年が来てしまいました(笑)

2022年も相変わらずコロナに翻弄された年でしたが、少しずつコロナに振り回されない社会になってきたのは喜ばしいことです。
またサッカーのワールドカップでは、日本がドイツやスペインに勝つという(申し訳ないのですが)思いもよらぬ躍進を遂げ、腱鞘炎になるほど手のひら返しをしたのは私だけではないでしょう。

さて、2023年最初のエントリーでは、同じワールドカップでもラグビーにおいて浸透したこの言葉を取り上げてみたいと思います。

それは「One for all, All for one」。

One for all,.jpg

知の共有サイト「Quora」で、私宛に「誘因は人それぞれとして、人がパワハラをする原因は何ですか?」という質問に対する回答のリクエストがありました。

その質問に対しては、
・人類の本能のようなもの
・原因は「劣等感/コンプレックス」
・簡単に逃げられない環境下で嫌なことが言えてしまうから
など、「なるほど」と思える回答が多数出ていました。

せっかくのリクエストですから、私は「本人はパワハラをしているとは思っていない」という前提に立って回答することにしました。

harassmen.jpg

先日「Z世代のマーケティング」に関するオンラインセミナーに参加しました。

ご存じの通りZ世代とは、1995年以降に生まれたデジタルネイティブの世代であり、今後の消費を牽引していく存在として注目されています。
私もイノベーションについて研究する立場として、またコミュニケーション系の研修ではしばしば「Z世代がわからない」と相談される立場として、Z世代に関する情報や考え方にはできるだけアンテナを張るようにしています。

そのセミナーでは、パネルディスカッションの登壇者もZ世代か少し上の世代で構成されており、彼ら/彼女らの本音が聞ける良い機会となりました。

しかし、参加する中で私の中にひとつの「とんでもない」仮説が浮かんできたのです。

GenZ.jpg

地球環境などSDGsの話だけでなく、ビジネスもサスティナブル(持続可能)であることが求められます。

では、どうやったらサスティナブルにビジネスが実現できるのか。
私はその鍵は「手のかからない新陳代謝」を促す仕組みの構築にあると考えます。

まず、その一例として『ウマ娘』で考えてみましょう。

shintintasya1.jpg

プロフィール

桑畑 幸博

慶應丸の内シティキャンパスシニアコンサルタント。
大手ITベンダーにてシステムインテグレーションやグループウェアコンサルティング等に携わる。社内プロジェクトでコラボレーション支援の研究を行い、論旨・論点・論脈を図解しながら会議を行う手法「コラジェクタ®」を開発。現在は慶應丸の内シティキャンパスで専任講師を務める。また、ビジネス誌の図解特集におけるコメンテイターや外部セミナーでの講師、シンポジウムにおけるファシリテーター等の活動も積極的に行っている。コンピューター利用教育協議会(CIEC)、日本ファシリテーション協会(FAJ)会員。

2023年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

著書

Twitter